Entry

現代設定で勝総×ましろ

現代設定親世代妄想
「勝総×ましろ」
<前置き>
・勝総とましろは社内恋愛
・しかし出会って暫くは友達以上恋人未満の時期あり(※主に妄想はこの時期の予定)
・勝総が本社(関東)から岩手の支社に出張した時にましろをみつけて一目ぼれ
・ましろは両親を早くに亡くして長らく一人暮らし。おひとり様でもまったく構わない生活力を持っていて精神的にも超然としているところがあるけれど、無意識に家族というものに憧れがあるため、ついつい勝総を部屋に招き入れてしまう(茶飲み友達)←お隣の面倒見のよい主婦・プトカに心配されている
・潜在的には両想いだけど、恋心に自覚があるのは勝総のみで、ましろは無自覚。
・ゆえに、表面的には勝総の片思い
・勝総は勢い余って岩手支社に移動願いを提出
・受理されてしまった
・そんなこんなで岩手のアパートで一人暮らしのましろと会社の独身寮で一人暮らしだけどしょっちゅうましろのところに入り浸る勝総の妄想
・全体的にギャグ度満載
・ましろは天然系美女
・勝総は残念系腹黒男(実家は埼玉県)


一番星
-------------------------------------------------

「あ、一番星だよ、ましろ」
「え、どこ・・・あ、本当」
「もう一日も終わりだな。・・・あぁ、そういえばましろは『一番星を誰よりも早く見つけることができたらささやかな望みが叶う』って話知ってるか」
「ええ、もちろん知ってるわ。今社内中で流行ってるから」
「そうなのか?おれは今朝同僚から教えられて初めて知った。ここ暫く出張で本社にいたからな」
「それはお疲れ様。折角だからその辺りの話も含めて家でゆっくりお茶でも飲みながら話していかない?実は今朝、後輩の子から『草加せんべい』をもらったの」
「へぇ、草加せんべいはなかなか美味しいし、丁度よかったな」
「ええ、ちょうど図ったように勝総が帰ってきたときに偶然せんべい嫌いで有名な彼女に間違ってせんべいのお土産が誰かから渡されたんだから、全く運の良いことね」
「不思議なこともあるものだな」
「一番星のおかげかしら」

-------------------------------------------------
勝総の実家は埼玉です(繰り返し)


風邪引きましろ
-------------------------------------------------

額に冷たい手の感触。
風邪を引いたのか、と優しい声が聞こえる。
うっすらと目を開けると、見慣れた顔が心配げにこちらを見下ろしていた。

「勝総・・・」

やっとそれだけ言うと、意識は再び深く深く沈んでいく。
肝心なことが告げられぬまま。
勝総・・・あなた、こんな真夜中にどうして他人の家に勝手に上がっているのかしら・・・。

-------------------------------------------------
不法侵入・・・か。

薄紅天女in現代パラレル設定メモ

現代パラレルにおける茂里についての妄想が止まらなくて生きるのが辛いレベル。(唐突な告白)

茂里は二連たちとは違う大学という設定です。
なんかどっかかなり凄い大学だということは分かってるけど、誰もどの大学なのか知らない。(日本なのかすら分からない)
そして専門も分からない。
みんなそれぞれの専門分野から探りを入れてみるんだけど、茂里はそのどれもに的確に答えてしまうので、みんな茂里の本当の専門が分からない。
・・・そんな感じだといいなぁ!
無空は茂里の親友とか悪友とかなんかその辺り。
青年実業家とか学生のうちから企業たちあげてたりとかしてるんだけど、なんの企業かみんなわからない。(茂里は知っている)
茂里と無空は謎な感じですよ!
そして広梨は本人は何も知らずに無空の企業の従業員にされてるといい。
事務とか適当に手伝ってるだけのつもりだったのにいつのまにか結構重要なことをやらされていたり責任負わされていたりね!
そしていろいろ考えていて阿鈴藤千の専門とか進路についてはぼんやりと下記のような感じのイメージ。

阿高・・・獣医を目指して入学。現在もそのまま順調に進んでます。動物の面倒を見るのが好き。
藤太・・・阿高と同じく獣医を目指して入学したが、教養科目で履修した生物学(進化論)に興味が傾き進路変更。現在は暇さえあれば土を掘って化石探しをしている。たまに趣味の合う仲間とお金を出し合い貧乏旅行で海外に行くことも。(そして化石を掘る)
千種・・・薬学部に所属しているが、趣味の手芸が人気を博してその筋ではちょっとした有名人。しかし知らない人に声をかけられるのが苦手なため、本人はこの現状に少し困っている。手先が器用。
鈴・・・国文学専攻。何を専門に研究するかはまだ決めかねている。お嬢様ゆえ常識に疎いが、その分色々なことを知るのが好き。実は四人の中では一番勉強熱心。

まぁ多分に私の趣味が反映された設定になってますが、何卒ご容赦のほどを。
他の設定としては、阿高の両親は勝総が入り婿の形で岩手県に在住。
阿高は小さいころ埼玉の勝総の実家に預けられて結局そのまま預けられっぱなしで現在に至る。
鈴は大企業のお嬢様として育てられる。
小さいころから親の企業の関係筋と引合されていて、本人も人見知りをしない快活な性格のため方々からかわいがられる。
両親は昔から忙しくしていたので、祖母の高野と兄の安殿と兄の同級生にして現在は秘書をしている薬子に育てられた。
鈴は薬子を慕ってはいるものの、未だにかなり過保護な態度を取られるため少し窮屈に感じている。
実は薬子は安殿に片思いをしているが、それ以上に崇拝する気持ちが強すぎて自分の恋心に気づいていない。
実は安殿は薬子を好きだが、本人にはその気がなさそうだと思っているので、優しく見守る立場をとっている。


何なんだ私はこんな無駄に設定考えてしまって!
たぶんしばらく書く予定はないんですが、一度思いつくとどんどん作りこんでしまう癖が(オタクだからね!)
そもそもウチの現代設定が大学生なのは、「同棲設定が使いたかっただけ」という安易なものなのでかなりご都合主義な設定が蔓延しています。
いろいろツッコミどころが多いと思いますが、あまり本気でやってることではないので見逃してやってくださいませ・・・。

------------------------------------------
※追記※現代パラレルカテゴリーも作りました。

エイプリルフール

現代ネタ注意(藤千@大学生同士で同棲中)

------------------------------------------
「・・・千種、世の中はエイプリルフールなんだよ」
「そう」
「そこでおれは考えた!」
「やらないわよ」
「千種・・・!察しのいいきみはとてもステキだけど聞くだけ聞いて・・・!」
「・・・聞くだけよ。絶対やらないわよ」
「ふふふ、これを聞いたらきみはやらずにはいられないよ。なんといってもおれが考えに考え抜いた企画だからね!」
「ますます信用ならないわね」
「いいかい千種。今日はエイプリルフール。嘘を付いても許される日だ。つまり、普段はやらないようなことをやる日なんだよ。そこで!いつもはおれからばかりだから、今日は千種からおれにするべきだ、き・・・キスを!千種、スキンシップというのはすごく大切なんだ!互いに触れ合うことは人として古来から繰り返されてきたもっとも原始的な相互認識の方法のひとつなんだよ!人が他の多くの陸生哺乳類の中で異常なほど体毛が薄い理由を知っているかい?『触れ合うことをより感じやすくするため』という説があるんだよ!それに『手当て』という言葉があるだろう。あれも実際患部に手を当てることで相手に安心感を与えたり気遣っているという気持ちを伝えることで痛みを和らげる効果があるんだよ。触れ合いとは人が人として生きる最も根源的な行動なんだ。だからおれは決してやましい下心とかそういう気持ちで言っているわけではなく、真摯にきみとの仲を深め合って絆を確認するために提案しているんだ!想いとは一方的であってはならない。きみはきっとおれのことだから『裸エプロンして』とか『バニーガール見たい』とか『SMごっこしたい』とかそういうことを言うと思っていたと思うし、確かにそれもものすごく捨てがたかったけど、今回はおれときみの関係について3日間ずっと悩んで決めたんだ!さあ千種!」
「・・・・・・・・・・・・・」
「・・・千種?」
「今ね、こんなことに3日間も悩む人と一緒にいてもいいのかしらと考えていたの」
「千種!ひどいよ!おれは真剣にきみのことを考えて・・・」
「わざわざそんなご大層な理由をつけなくても、してほしいのならしてほしいと言えばいいのよ。・・・・・・・・・・・・・(ちゅっ)」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「さ、わたしは午後の講義があるから行ってくるわ。じゃあね藤太」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「(ガチャ。バタン)」
「・・・・・・・・・・・・・・・」



「・・・なぁ、阿高。知っていたか?『ほっぺにチュー』の破壊力って、すごいんだぞ」
「は?」

------------------------------------------

現代二連はヘタレ設定なので(当サイトでは)、その分千種が大人の対応してくれますよ!
でも出ていく千種は耳まで真っ赤です。
藤太はあっけに取られて見逃しました。
千種の「午後の講義」は出ていく口実です。チューして恥ずかしくて居た堪れなくなったので嘘をついて外に出たわけです。
結局現代でも微妙にツンデレ千種!
ていうか阿苑じゃなくてスミマセン!
鈴は多分エイプリルフールを知りません。
純粋培養お嬢様(マイ設定)なので。
お陰で藤太に色々入れ知恵されて阿高はいつも大変です。
でも現代阿苑はチューもしてない純情ラブです!(マイ設定2)
同棲してる(マイ設定3)のにチューも出来ない純情ラブ萌!
もともと鈴は一人暮らしをしようとしてたんだけど、あまりの無知っぷりに色々騙されそうになりまくってて、見かねた阿高が仕方なく日常生活訓練をするために家に入れていた(動物拾う感覚で)らそのままなし崩し的に一緒に住むことになっていたという!
おいおいそれ付き合ってもないじゃないかっていうか阿高も鈴も自覚なく片思いだといいなあ!(趣味)
いつか現代ネタもいろいろ書いてみたいですが、普段以上のオリジナル設定なのでちょっといろいろ様子見段階です。

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2022.12 >
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
- - - - - - -

最新記事

お返事です!
2022/01/26 12:14
当サイトは11歳になりました
2021/11/22 23:17
お返事です!
2021/06/13 19:34
パソコン周辺整備終わり
2021/06/10 00:23
お返事です!
2021/05/03 20:22

コメント一覧

未承認
2022/11/24 22:16 未承認
未承認
2022/11/24 02:48 未承認
Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)