Entry

お返事です!

りんこさん

>歌のオチを知らずにドキドキしながら聞き始めるというのは知らなかった視点でした
>なるほどーと思いました


当時の情景を想像するのが大好きで、この歌に関しては、たまたまハッとしたのでその勢いのままに書いてしまいました。
分かりにくい所などたくさんあったと思いますが、お読みくださって本当にありがとうございます!
ちなみに、初めてこの話をした友達からは
「いや、普通の訳の方がわかりやすい」
と一刀両断でした(笑)

>紫野行き 標野行き
>の主語が「あなた」ではなく、大勢の人が楽しんでいるというのを読んだとき、風景がうわぁっと広がるのを感じました


主語を省略する日本語ならではの大どんでん返しの布石となっていると思っています。
最後まで聞けば、誰が行ったり来たりしていたのかおのずと分かるのですが、初めて聞いていた時は誰も想像していなかったでしょう。
額田王はやっぱり天才だ!
1300年の時を経てりんこさんの中にも風景を広げる彼女の言葉選びの巧みさもすごい!

>たいへん楽しく読ませていただきました

いつも記事を投稿してすぐご反応くださって本当にありがとうございます!
りんこさんのようなお方のおかげでこのサイトは続いています!
心より感謝申し上げます(土下座)
これからも少しずつ生存報告代わりの投稿を続けていけたらと思っておりますので、よろしければ付き合ってやってくださいませ!

コメントと、フォウ!のチェック(笑)ありがとうございました!
5日に一パチ下さった方ありがとうございます!
久しぶりでなかなかテンポと勘を取り戻すのに時間が掛かってしまいましたが、少しでもお楽しみいただけましたら幸いです!

そういえば、今日「ゲド戦記」を四巻まで読み終えました。
残すところ最終五巻と外伝の二冊のみ。
終わりが見えてきて楽しみなような寂しいような。

以下はネタバレ含みますので、これから読む予定の方は読んではいけません。
念のため畳んでおきます。
ゲド戦記簡易感想
一巻(少年ゲド)

カラスノエンドウ(という名前のゲドの親友)のゲドへの友情とオジオンの弟子(ゲド)への親愛の情が本当に素晴らしい!今思い返すとゲドの幼さゆえの無鉄砲ぶりが愛おしくなる

二巻(青年ゲド)

ゲドめ!結局君一目ぼれだったのか!というツッコミを入れてしまった。テナーの聞くゲドの声が大変好意的に書かれていて、侵入者のはずのゲドに最初から惹かれていたのだろうかと思った。最後、敵を倒して終わりじゃなくて、育った環境から出ていくテナーの葛藤の部分がとても丁寧に書かれていてとても良かった

三巻(壮年ゲド。一人称が「わし」に←衝撃)

アレンのゲドへの気持ちの振れ幅がものすごい。あと名言がとても多い。中でもゲドの「人間が探すのは宝物であるべきだ」(他人の粗や自分の敵になる者を探すのではなく)というセリフがとても好き

四巻(初老ゲド。一人称が「わたし」に戻った。テナー再登場に合わせて一人称が若返ったに違いない!ゲドの「わたし」喋り好きなので嬉しい)

まさか原作でこんなにがっつりくっついてくれるとは思わなかったゲドとテナー。てっきり妄想補完しかないものだと思っていろいろ思いを巡らせていたのに!ありがとうございます!ありがとうございます!あとは、ゲドが魔力を失ったことに対する苦悩が描かれているのがとてもリアルで胸が痛かった。結局自分で立ち直ったけれど、その時のセリフが好き。「なぜヤギ飼いのタカが大賢人ゲドのために悲しみ、元気をなくす必要がある?わたしは何か恥しいことをしたか?」(※確かこんな感じ)テルーに関してはいろいろ思うところがあるのだけれど、五巻で活躍するのかな?しかし、テルーとテナーの字面が似すぎてて何回か読み間違えた・・・ぐぬぅ


外伝はゲドが出てこないらしいから、ゲドに会えるのは後一冊・・・ちょっとさみしい気持ちになりながら読み進めていきます。

コメントお返事させていただきました。

紙魚さん、なほこんさん、コメント誠にありがとうございました。
お二方共に、コメント頂きました記事にてお返事&ご対応させていただいておりますので、お暇なときにでもご覧いただけましたら幸いです。

ツイッターでは呟いておりましたが、先日3月19~21日に、高千穂へ行ってきました。
本当に大変楽しい思い出ができました。
お声をおかけ頂いた糸村和奏さんには本当に感謝申し上げます。
一人でも行きたいとは思っていましたが、いつになっていたことやら。
きっかけってなかなか難しいものです。
高千穂は二度目ですが、高千穂神楽は初観覧でした。
とても楽しくて、さらにもっと深く知りたいと思いました。
(また本が増えるフラグ・・・!)

お返事です!&今年の年賀状の万葉歌

ななこさん

>遅れましたが新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願いいたします!

お返事がこんなに遅くなってしまうとは!
誠に申し訳ございません!
明けましておめでとうございます!!
今年もぜひともよろしくお願い申し上げます!!

>兼倉さんのサイトを勝手に覗かせて頂いてから5年ほど経ちますでしょうか…?いつもお世話になっております!
>今年も全力で薄紅妄想しましょう〜!


5年も・・・!
当サイトは2010年11月22日に開設なので、そう考えるとかなり初期の頃からのお付き合いですね。
本当にありがたいことです。
最初の一年以外まともな更新ができておりませんが、今後もしぶとくネットの片隅にへばりついてゆく所存ですので、これからもぜひ末長いお付き合いができることを心より願っております。

コメントありがとうございました!

それでは、下の記事で書いておりました、私が今年の年賀状に選んだ万葉歌です。
今年は計11名様へ年賀状を書かせていただきましたが、人によって内容を変えました。
まずはツイッターにも書かせていただいた万葉歌です。

うぐいすの 鳴き散らすらむ 春の花
    いつしか君と 手折りかざさむ (巻十七-3966)

訳:鶯が鳴いて散らしているだろう春の花を、いつあなたといっしょに手折りかざしにできるでしょうか(中西進)
長く会っていない相手に向けて書きました。
もう年賀状でしか交流が無い相手が多くなってきているのですが、その人たちといつかまた会って楽しく遊びたいなあという気持ちを込めて選びました。

咲く花は 移ろふ時あり
  あしひきの 山菅(やますが)の根し 長くはありけり (巻二十-4484)

訳:美しく咲く花は衰えゆく時がある。あしひきの山中の菅の根こそ、長く変わらないことだ(中西進)
これも上と同じような気持ちなのですが、こちらは特に親しかった一人に贈りました。
出会ったころは十代で、同じ高校で同じクラスで同じ予備校に通っていた人ですが、今は住む場所も取り巻く環境も大きく違っています。
変わっていくものもあるけど、そんな中でもあなたとの友情は少しも変りないよ、という気持ちを込めて選びました。
今もたまに電話したりすると、びっくりするくらい気が合ってしまう不思議な人です。

人言(ひとごと)を繁み言痛(こちた)み
  おのが世にいまだ渡らぬ朝川渡る (巻二-116)

訳:世間の噂が激しくうるさくて仕方がないので、それに抗して自分は生まれてこの方渡ったこともない、朝の冷たい川を渡ろうとしている(伊藤博)
全文送った相手と、第三句以降のみを送った相手とあります。
始めの二句を省略した理由は、万葉歌にある程度親しみが無いと、「世間の噂がうるさい」=「あなたの言葉がうるさい」と捉えられる可能性もあるかもしれないと思ったので念のためです。
誤解などするはずも無かろうと確信できる相手には全文書きました。
この句はかなり有名な歌なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
道ならぬ恋をした女性が、世間の噂に全力であらがって、相手の元へ走っていった歌です。
臆病な私を奮い立たせてくれる歌でもあります。
今年も好きなことに全力で挑みます!という決意を込めて選びました。

というわけで、今年もどうぞ当サイトをよろしくお願いいたします!

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.6 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)