Entry

ナマコ

拍手を下さるお方さま本当にありがとうございます!!
うおおおおおお!!
現在友達から出されたお題にかかずらわっているため、こっちになかなか手を入れることができていませんが、元気に妄想炸裂生活を送っております!(知ってた)

新しいサイトに引っ越してから、有料サイトのおかげなのかいろんなサービスが充実していて正直活かしきれていないのですが、それでも折角なのでちょっと覗いてみようと思っていじっていたら、「検索ワード」が見られるページを発見しました。
見てみると、大半は薄紅関係の単語だったのですが、いくつか奇妙なものがありました。

「日本神話 なまこ」
「古事記 ナマコの口」
「ナマコ 神話」

などなど。
ここ数週間のうちにナマコの神話関係の単語でいくつも検索されていたのです。
これは一体どういうことなのか。
最近学校の課題でナマコの神話を調べてこいという課題でも出たのでしょうか?
それともテレビで紹介されるか何で、気になった方が何人もおられたのでしょうか?

ナマコの出て来る部分は古事記では日向神話ですね。
以前ここでもかなり力を入れて語った記憶があります。

<ナマコの神話>
アメノウズメが海の魚介類たちに、「これから天の御子に(食べ物として)お仕えするか?」と聞いたとき、ナマコ以外の魚介類たちはそれを受け入れたのに、ナマコだけは返事をしなかった。
アメノウズメは「この口は喋れない口なのだな!」と言ってナマコを切り裂いた。
だから今でもナマコの口は裂けているのだ。


詳しくはこのページへ!

たぶんもっとわかり易いサイトさんもあると思うのですが、以前書いたものがちょっとでも誰かの役に立てているかもしれないと思うと、結構嬉しいものですね(思い込みかもしれませんが)

【国譲り神話】第三回:キジの鳴女(後)

始めにお返事いたします!

匿名希望のお方

お返事が遅れてしまって本当にスミマセン!
空色勾玉のちーさやはすべての始まりなので、私の中では結構特別なポジションです。
語りたいような、でもこのまま自分の中でふんわりとさせておきたいような、手を出すのがちょっと怖い二人かもしれません。
あたそのにお目覚めになられたとのこと、おお、それはあたその界にとって大変すばらしいことです。
ぜひずずいと、そのまま深みにハマっていただきたいです。
最近の私の作品をお読みくださった、ということは、おそらく私の語りをお読みくださったということですね。
本当にありがとうございます。
このサイトはもともとは2010年11月から一年間毎週日曜日に二次創作(小話程度のもの)を更新しておりました。
語りはその過程で私が疑問に思ったことや、もっと深めたいと思ったことについて日記の延長線上の呟きとして書いたことが、気づけばそれが結構な量となっておりましたので、とりあえずカテゴリーを独立させてみたのが始まりです。
なので、語りはその先それを元にして創作することをある程度念頭に置いて書いています。
妄想補完が多いのはその影響です。
草薙先生の作品もお好きですか!おお!やはりオギワラーとNGライフはかなり親和性が高いですね!
芹沢さんの赤面は草薙作品の至宝です。(言い切った)
今後もオタク生活まっしぐらに生きていく予定ですので、今後ともまったりお付き合いいただけましたら幸いです!
拍手のみのお方もありがとうございます!
3連パチとか10連パチとか19連パチとか・・・!(驚)本当に力を頂いております!
最近職場がものすごい忙しさで(人間ドックとか健康診断とかガン健診とか)帰宅しては息つく暇なく倒れ伏す日々ですが(もしくはテレビ番組の録画を流し見だけして終わる)、生きています!
鳴女ちゃんピンチのまま放置してごめんね!
お待ちくださった当サイトにとっては神のようなお方々もまことに申し訳ございませんでした!
やっと再開します!
あまりにも間が空きすぎたので、仕切り直しもかねて新しい記事で書きます!

即ち天若日子、天つ神の賜へる天のはじ弓・天のかく矢を持ちて、その雉を射殺しき。
爾くして、その矢、雉の胸より通りて、逆まに射上がりて、天の安の河の河原に坐す天照大御神・高木神の御所にいたりき。

高木神、その矢を取りて見れば、血、その矢の羽につけり。

高「アマテラスよ、この矢はまさか・・・」
天「高木神、これは間違いなくアメノワカヒコに与えた矢です」
高「血が付いているぞ。これはアメノワカヒコが征伐した国つ神の血か、それとも・・・」
天「・・・・・・」
高「確かめねばなるまい」


鳴女ちゃんが殺されてしまいました!!ああ!!
本当にドキドキの展開です。
アメノワカヒコの悪事はついにバレるのか?
ちなみに、高木神って誰だ?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
これは世界が初めて現れた時に生まれた三柱の神様のうちの一柱で、「高御産巣日神(たかみむすひのかみ)」という神様です。
この三柱の神様は特別な神様だと古事記には書かれているのですが、具体的に何が特別なのかはよく分かりません。
ただ、もう一柱「神産巣日神(かむむすひのかみ)」とセットでよく語られる神様です。
それぞれ天つ神にかかわる神話と国つ神にかかわる神話に登場することから、おそらく役割に分担がありそうだということは分かるのですが、どちらもスーパーサブ的な登場なので、その全容は謎です。

それでは続きです!

(高木神)「もし天若日子が、命を誤たず、悪しき神を射むとする矢の至らば、天若日子に当たらずあれ、もし邪しき心あらば、天若日子、この矢に禍れ」

天若日子が朝床に寝ねたる高胸坂に当たりて、死にき。

高木神が矢に呪いの言葉を与えて葦原中国に放ちかえしました。
そして矢は、その言葉の通り、邪しき心を持っていたアメノワカヒコの胸に突き刺さるのです。
なんだか映画の佳境のようなシーンですね。
ところで、アメノワカヒコの前のアメノホヒ(出雲大社宮司の祖神)は、本文では「天菩比」と書かれていますが、それに対してアメノワカヒコは本文で登場時から一貫して「天若日子」とのみ書かれていて「神」とか「命」という尊称を与えられていません。
このあたりが、後に裏切ることになるアメノワカヒコに対する古事記編纂者の立場を感じさせるような気もします。
もしくは古事記編纂当時の出雲の有力豪族(アメノホヒの子孫を名乗っている)への配慮ととるべきか。

キジの鳴女のお話は次の末文を持って、神話となります。

その雉、還らず。
故、今に、ことわざに「雉のひた使ひ(行くだけ行って帰ってこない)」といふもとは、これぞ。

神話と昔話の違いは、これでしたね!

昔話は、いつ、どこの誰のことか分からない。
神話は今に繋がっている。

だから、神話はいつも「今の~~は、これがもとになっている」という言葉が入るのです。


さて、次はキジの鳴女ちゃんから読み取れることをちょっとだけ補足として書いてみます。

【国譲り神話】第三回:キジの鳴女(前)

語る前にお返事いたします!

りんこさん

>兼倉さんの語りがこれからもキレキレでありますように <たなばた

フォオオオオウ!!!
まさか七夕でお願いを受ける立場になるとは思ってもみませんでしたフォウ!
とても嬉しかったです!
今後も好きなことばかり垂れ流すサイトを全力で続けていく所存ですので、ぜひよろしくお願いします!!

さて、前回からかなり間が開いてしまいました!(な、なんてこった!)
長くなったので畳みます@近況報告
スミマセン、テレビを新調して録画しまくってたら思わずそっちばかりかかりっきりになってしまって・・・!
特に「100分de名著」は遠野物語の第二回から定期的に視聴しだしました。
「万葉集」の回を放送の一か月後くらいにやっと視聴したら思いのほか良かったので、ハマってしまいました。
遠野物語は大学生のときからとても好きだったのですが、情熱が再燃しそうです。
岩手旅行いきたいなあ!
ああああ!旅行で思い出しましたが高千穂再探訪の旅が流れてしまいましたあああ!!(激震)
一緒に行くはずだった友達の家族が状況的にそろそろお迎えがきそうだという連絡があったとのことで、そういう事情なら致し方ありません。
キャンセル代金総額2000円くらいかかってしまった・・・ああ・・・。
彼女にはいつも一緒に旅行の際宿の手配とか諸々頼ったりしているし、そうでなくても普段からとても恩を感じている友達なので、恨む気持ちは一切ありませんが、それでもやっぱり残念。
いつか必ずリベンジしたいと思います!
追っている番組もう一つ。
「先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)」
ある日何となくテレビをつけたらやっていた「上杉鷹山」の特集。
とても面白かった。
江戸時代、巨額の借金を抱えてしまった藩を立て直したお方だそうです。
借金を返すというよりは、藩の人たちが幸せに暮らしていくためにはどうしたらいいのかということを、ものすごくアグレッシブに考え抜いた人だったみたいです。
何ということだ。
こんな人がいたなんて知らなかった。
と、いうことで、これも定期視聴する番組に加えられました。
他にも「宇宙白熱教室」やら「サイエンスZERO」やら、ほとんどドキュメンタリー系ばっかりですが、楽しく情報収集にいそしんでおります。
私は、テレビ番組はリアルタイムで観るのは何だかテンポがつかめなくて苦手なんですが、録画なら自分のペースで見られるので、読書と同様楽しんでいます。
そういえば、偶然テレビで見た日本画家の「川端龍子(りゅうし)」に突然惚れたので、流れた旅行のところに、東京の美術館巡りをねじ込もうかどうしようか思案中です。

というわけで、久しぶりに再開します古事記「国譲り神話」!
<前回までのあらすじ>
アマテラスは息子のオシホミミに葦原中国を統治させようとしたが、葦原中国は騒がしすぎてオシホミミは嫌がった。
そこでアマテラスは第一の使者として「アメノホヒ」を遣わすが、出雲の大国主神におもねってしまい失敗。
ちなみにこのアメノホヒが今も続く出雲国造「千家家(せんげけ)」の祖先神。(ご婚約おめでとうございます!)
第二の使者として「アメノワカヒコ」を遣わすが、自分が代わりに葦原中国を支配しようとして八年も高天原に連絡をしなかった。
心配になったアマテラスは、思金神の助言でキジの「鳴女(ナキメ)」を伝令としてアメノワカヒコのもとへ遣わすことにした。

アマテラス「ナキメちゃん、アメノワカヒコに『どうして八年も連絡がないの?』と言ってきて頂戴。よろしくね」
ナキメ「お任せを!じゃあ、いってきまーす!」


と、いうわけで、キジの鳴女ちゃんは葦原中国に派遣されました。
でも高天原を裏切っているアメノワカヒコのもとへ派遣されるなんて、どう考えてもすごく危険です。
また、前回アメノワカヒコは葦原中国に遣わされる際に、武器(弓矢)を与えられていましたね。
剣ではなく弓矢を与えられていたという時点で、すでに鳴女の運命は決まっていたのかもしれません。
剣なら飛んで逃げることができますが、弓矢は・・・。
続きを見てみましょう。

神聖な木「湯津楓(ゆつかつら)」の上にとまって、アマテラスが言ったことを一言一句違えずそのまま語りました。

(あめの)佐具売(さぐめ)、この鳥の(こと)を聞きて、天若日子に語りて言はく、

「この鳥は、その鳴く音(いと)()し。(かれ)()(ころ)すべし

サグメ「ワカヒコ様、この鳥はたいそう悪しき声で鳴く鳥でございますな。射殺しましょう
ナキメ「えええええええええええ!?」


ああああ!鳴女ちゃん!(涙)
っていうか、サグメって誰だ?
突然知らない神様が出てきました。
サグメはおそらく「探女」でサグメでしょう。
スパイとか、参謀のような立場の神様と思われます。
大胆な企みをするアメノワカヒコには、悪知恵を働かせる参謀がいたわけですね。
この天佐具女は、一説には天邪鬼の元祖ともいわれているようです(山田永さん談)。

鳴女ちゃんピンチ!
後編へ続きます!

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2022.10 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

お返事です!
2022/01/26 12:14
当サイトは11歳になりました
2021/11/22 23:17
お返事です!
2021/06/13 19:34
パソコン周辺整備終わり
2021/06/10 00:23
お返事です!
2021/05/03 20:22

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)