Entry

ゲド戦記を読み終わって、原本(英語)に興味を持った話

題名について書く前に。

明けましておめでとうございます!(衝撃の2月)

そして、拍手たくさんありがとうございます!
前回12月から全く動きが無かった間にも、ポチポチ頂けていて本当にうれしいです。
特に、私が誤って記事を消してしまったと追記を書いた直後に拍手を頂いていて、もしかしたら傷心の私への慰めなのだろうかと勝手に解釈して心が温まりました。
このブログには優しい方ばかりが来てくださっていて、こんなに幸せを感じられる場所が持てることを心から誇りに思います。
本当に、いつもありがとうございます。


さて、題名の内容についてです。
実は、昨年終盤にゲド戦記をついに全巻読み終わり、もう少しゲド戦記の世界に浸りたい気持ちがあったので、夏ごろに購入していた「ゲド戦記研究」という本を読み始めました。
この本はゲド戦記についての論考をまとめたものなのですが、内容は専門的な知識がない私でも楽しく読めるのです。
読んでいて、ところどころに原語(英語)の引用がありました。
もちろん邦訳も併記してあるので、読み進めるのには何の支障もありません。
始めのうちは気にせず飛ばし気味で(英語苦手なので)読んでいましたが、一つの言葉に目が釘付けになりました。

様式の長(the Master Patterner)

・・・な、なるほどーーーー!!!(衝撃)

ゲド戦記をご存じない方には一体私が何に驚いているのかお分かりいただけないかもしれません。
登場人物の中に、九人の賢人が出て来るのですが、私にはこの「様式の長」だけが何をしているのか圧倒的に分かりにくかったのです。
他の長は以下の八人です。

呼び出しの長
手わざの長
姿変えの長
風の長
薬草の長
名付けの長
詩の長
守りの長


ゲド戦記を読んだことがなくても、名前だけでどんなことに秀でた賢者なのか、何となく分かりますよね。
ちょっと分かりにくいのは、名付けの長と詩の長でしょうか。
それも、ゲド戦記の世界が「真の言葉」を基盤とした魔法の世界(日本の言霊とほとんど同じ考え方です。真の言葉によって物を操ります。だから自分の本当の名前を人に明かすことは禁忌です)であることを知れば、何となく予想できるかなと思います。
それぞれ

呼び出しの長=ものや人を呼び出すことに長けている
手わざの長=ものを直したり作ったりすることに長けている
姿変えの長=変身する(人間だけでなくあらゆる動物になれる)ことに長けている
風の長=風を操ることに長けている
薬草の長=薬草の知識に長けている(医者のような立場も兼ねる)
名付けの長=ものの真の名前(魔法をかけるのに必ず必要)の膨大な知識を持っている
詩の長=世界に伝わる膨大な量の詩(内容としては歴史も含む?)の知識と朗唱に長けている
守りの長=ローク学院の門番。中に入れるかどうかを判断する。(ローク島の守りの要的な役割?)

です。
何となく名前から役職が分かる気がします。
でも、様式の長って?
始めはマナー的なことを学院生たちに教えるのかと思いきや、そうでもなく。
それどころか、ローク学院にすら普段は近づきません。
いつも、普通の人は入れない迷いの森という場所で、一人世捨て人見たいな生活を送っている人です。
一体何に長けているの?どんな知識を探求しているの?
読んでいても正直全然わかりませんでした。(でも結構重要人物)

それが、原語の表記を見て分かったんですよ!

The Master Patterner

パターンのマスター!
パターンのマスターだったんだ!!
だから、やたらと葉の落ちた影や木々のさざめきを気にしてたんだ!
そのパターンから自然の何か力?を読み解こうとしてたんだ!
ゲド戦記の世界観ともぴったりです。

この発見をしてから、もしかして、日本語よりも英語の方が分かりやすいところがあるのでは?と思って、もう一度英語部分を見てみると、邦訳は結構意訳している所があることに気づきました。
特に、6巻それぞれの副題は、意訳というよりもはやオリジナルに近いものもありました(全部ではない)


1 影との戦い
A Wizard of Earthsea

2 こわれた腕環
The Tombs of Atuan

3 さいはての島へ
The Farthest Shore

4 帰還
Tehanu

5 ドラゴンフライ アースシーの五つの物語
Tales from Earthsea

6 アースシーの風
The Other Wind



1245巻はほぼ別物ですね。
3巻はほぼそのままです。
6巻は違う感じもしますが、内容を読んだら「うむ」と思わなくもない気がします(曖昧)。
個人的感想としては、1巻の「A Wizard of Earthsea(アースシーの魔法使い)」は、英語そのものが最高に格好いいと思いました!
始まりの物語の題名として、これほど簡潔でこれほど胸をわくわくさせる題名があるだろうか!?と、いうくらい好きです。
3巻は「The Farthest Shore(最も遠い岸)」ですが、これを「さいはての島へ」と訳す言葉選びが本当に素敵だと思いました!
意味もほぼそのままだけど、直訳よりずっと物語っぽい題名で、私はノートに何度も書いてしまいました(漢字練習のごとく)(違うんです。噛みしめたかったんです)


と、いうわけで、私は現在ゲド戦記の英文にハマっています。
とりあえず、今のところは論文の中に引用されている原作の文章やル=グウィンさんのインタビュー文などをゆっくり訳して味わっているだけです。
特に目標もなく、満足したらやめようくらいしか考えていません。

でも、今、人生で初めて英語が輝いて見えます。(※フォント名ゴールド)


昨今日本の教育についていろいろ批判があるのは少しは見聞きしていますが、それでも私は言いたい。
私が学生時代に与えていただいた教育の機会に心から感謝します。
当時は英語苦手だったし、古文も全くダメだったけれど、それでもダメなりに教育として触れさせて頂けていたからこそ、大人になってから自分で取り組んでみようと思うことができました。

ありがとう、教育の制度。
ありがとう、制度を作って下さった方々。
ありがとう、制度を引き継いでくださった方々。
ありがとう、私の学びを導きや叱咤激励、合いの手などで助けて下さったたくさんの人たち。


ここまで書いておいてあれなんですが、先日もツイッターで「八尋」とか「筒緒」とか「潮満」とかのネタに勇んで食いついていくくらいには、当然のように古事記も勾玉三部作も大好きですので、たぶんこのブログもそんな感じで進んでいきます。
私はいつも好きなことを好きなように好きなだけすることが好きなんですね。(堪え性がないだけです)


追記
オロチさがしの記事が復活できたーーー!!!
バックアップを懸命に探したら出て来ました!
大した記事でもないのですが、個人的には無くしていた宝物が出てきた気持ちです。
うれしい。
ご心配下さった方(おられないかもしれませんが)、スミマセンでした、そしてありがとうございました(涙)
もう一度探してみようと思えたのは拍手をいただけたおかげでした。

額田王と大海人皇子の例の歌(補足)

昨日は時間が時間だったこともあり勢いのままに投稿してしまったので、補足記事を。
二人の歌について、それが宴の席の歌であるという説を、学者の先生がどのように説明しておられるかを引用しておきます。
引用は伊藤博著「愚者の賦」より

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る
紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我れ恋ひめやも


これは、あまりにも有名な歌です。
(中略)
これら二つの歌は「雑歌」の部立を押し立てる『萬葉集』の巻一の中に入っております。
『萬葉集』では、公的な場で歌った歌は「雑歌」に収めるという伝統があります。
歌が恋歌(相聞歌)のかたちをとっていても、公の場で歌い、披露した歌は「雑歌」に収めるという鉄則があるのです。
(中略)
ですから、この歌を文字通りの相聞歌と理解するのは、非常に危険であるということになります。
『萬葉集』では、宴会で相聞的な歌を歌い楽しむ、そしてその楽しみがまた、相手を讃えることにつながっていく、という歌の伝統があるのです。
(中略)
この歌を宴席で歌ったばあい、結句の「君」はだれであってもいい。その座にいる人のなかで、この歌に答える人が出てくれば、その人がこの場での「君」になるのです。
その人が擬制的にこの場の侵入者になるわけです。(※侵入者=野守が見張っている標野への侵入者)
これが当時の宴歌の一つの歌い方なのです。(後略)


以上でこの話題を終了します。
お読みくださった方がおられましたら本当にありがとうございました!

額田王と大海人皇子の例の歌

額田王と大海人皇子の例の恋歌について語ります!

前提
額田王は他の大勢の人たちと共に、薬狩りにやってきていました。
その晩の宴の席にて、みんなの前で歌を詠みました。
当時から歌の名手として知られていた額田王の歌に、きっと宴の人たちは大いに期待しながら耳を澄ましたことでしょう。
あの、有名な額田王が、今日のみんなの楽しかった思い出を、どんな美しい歌にして聞かせてくれるのか・・・


それでは、読んでいきましょう。
まず、下の記事で歌の訳を載せていますが、ここでは一旦その訳を忘れてください。
なんだって!?
とりあえず、歌を読んでみてください。

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや・・・


どうでしょう。
きっと違和感がありますね。
いいのです。
とりあえずこのまま訳してみましょう。


あかね色に匂う紫の草の生いしげる標野をあちこち行き来している。野守が見るかもしれません・・・


何を!?
・・・と、宴の席の人たちは思ったと思いませんか?
私はこれが言いたかった!
つまり、この歌は最後の「君が袖振る」がなければ、恋の歌ではないのではないかということです!
「君が袖振る」によって、一気に恋の歌になっているのです!
当時の状況を想像してみましょう。
当然ですが、宴の席に集まっていた人たちはどんな歌が詠まれるのか事前に知っていたわけはありません。
額田王が一句ずつ声に出す度に、その景色を各々で胸に描きながら聞いていたはずです。

あかねさす・・・


「あかねさす」は「日」「火」などの明るい色を導く枕詞です。
聞いた人たちは明るい昼の記憶を脳裏に思い描いたでしょう。

紫野行き 標野行き・・・


「行き」が二回繰り返されます。
色とりどりの衣装をまとった大勢の人たちが、あちらへ行き、こちらへ行きしつつ楽しんでいる和やかで美しい風景が浮かび上がります。
さすがは額田王です。
みんなの楽しい思い出をまるで映画のワンシーンのように美しく歌い上げています。
彼女がこの一日の楽しい思い出をどんなふうにまとめ上げてくれるのか、みんな期待が高まります。

ここまでは、聞いた人たちも「うんうん」と思いながら昼の光景を思い出しているはずです。
みんなが知っている風景です。
さて、次です。

野守は見ずや・・・


「・・・うん?」
聞いていた人たちは、ここで一瞬虚を突かれます。
野守(のもり)は薬狩りの主要な登場人物ではありません。
「標野(しめの)」という天皇の御領地へ、関係無い者が入ってこないように見張っている番人です。
薬狩りに参加していた人たちはおそらく誰も見ていないか、見ても風景の一部として気に留めていなかったはず。
そんな脇役のはずの野守を、額田王は登場させました。
これがとても巧い!と思うのです。
この直前までは、きっと聞いている人たちはそれぞれバラバラの昼の記憶を思い出していたでしょう。
それが、この「野守」が突然登場したことで、みんなの関心が一気に集中します。

「野守」はいったい何を見ていたと思いますか?

・豪華絢爛な薬狩りの風景
・高貴な方々の優雅なしぐさ
・天皇の徳がもたらした美しく晴れ渡った空
・その他

どれでも歌としては整合性はある気がしませんか?
その歌が名歌といえるかどうかは置いといて、考えてみてください。
悪くはない、気がする。
しかし、額田王が野守に見せたのは、誰もが予想もしない光景でした。

君が袖振る・・・


「君が袖振る」ですよ・・・!?(落ち着いて)
袖を振るのは、恋しい人に送る合図!
この言葉が発された瞬間、宴は一瞬の静寂に包まれ、次いで一気に「わあああああ」と盛り上がったのではないでしょうか。
私はそれを想像してとても胸が熱くなりました。
額田王は、天才だ・・・!


いろいろな本を読んでいると、その訳のほとんどが、「最初から恋歌として訳している」んですよ。
だから私もこの歌を読む時、頭から恋歌として解釈していたんです。
もう一度、永井さんの訳を載せてみますね。

あかね色に匂う紫の草の生いしげる標野をあちこち行き来なさりながら、あなたは盛んに袖を振っていらっしゃる。まあ、そんなことをなさって、野の番人に見つけられませんか。

悪いわけじゃない。
むしろとてもわかり易くて素敵な訳です。
でもこの訳だと、最初から恋の歌になっていて、宴の席であったであろう、大どんでん返しのようなスリリングな雰囲気がない。
私はあえて主張したい。

この歌は、最後の「君が袖振る」で一気に恋歌に変貌するのだと!

実は、こんな読み方をしている本は一冊もありません(少なくとも私は読んだことが無い)
なので、たぶんとても邪道な解釈なんだと思います。
もしかしたら、いや、たぶん間違っている・・・。
でも、私はこの思いつきで、それまで食傷気味だったこの歌が一気に好きになったのです!
完全に手前味噌で恐縮ですが・・・
すでに十分知っていると思えることでも、見方を変えると新たな姿に出会うことができるかもしれないという可能性を教えてくれた歌でした。

さて、あとは蛇足かもしれませんが、これに応えた大海人皇子の歌も同じように見てみてください。

紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに・・・



紫草のように匂やかな愛しい人。あなたを憎く思うだろうか、人妻ゆえに・・・

大海人皇子は何と返すのか?
宴の席の人たちはどんなふうに期待したでしょう。

人妻ゆえに

・私はあなたへの想いを諦めざるを得なくて苦しいです
・あなたに振った袖は私の涙で濡れています
・あなたの幸せを思って身を引きます

大海人皇子の性格を考えたらありえないことかもしれませんが(想像上の性格しか知りませんがたぶん)、こんな締めの句でも、歌としては違和感はないはず。
でも、大海人皇子は

我恋ひめやも・・・


(却って一層)私は恋しいのだよ

と、返すのです!
ここでも宴は大盛り上がりになったことでしょう。
二首とも最後の一句で歌の価値を一気に押し上げているように思います。


万葉時代について過去に語った記事で、「文字ではなく、音が重要だった時代」というようなことを自分に言い聞かせるように何度も書いていた気がします。
それを思い出しながら、今後もこの時代の空に想像の翼を広げ続けていきたいと思います。
ここまでお読みくださった方がおられましたら、本当にありがとうございました!
それではまた、別の記事にてお会いしましょう。

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2022.10 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

お返事です!
2022/01/26 12:14
当サイトは11歳になりました
2021/11/22 23:17
お返事です!
2021/06/13 19:34
パソコン周辺整備終わり
2021/06/10 00:23
お返事です!
2021/05/03 20:22

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)