Entry

荻原作品と万葉集~「空色勾玉」山吹の…(概要)

語りの前にお返事いたします!

ななこさん

>兼倉さま、大変ご無沙汰しております!ななこです。覚えていらっしゃるとよいのですが…。

長らく創作の更新をしていなかった当サイトに彗星のごとく現れて素晴らしき薄紅創作の数々をご披露いただいた僥倖は今も胸に深く刻まれております!

>新年から更新されていて本当に嬉しく思いました!!もう一月も末ですが、今年も宜しくお願いします。
>また無理のない程度で色んなお話聞かせて下さいね。とても楽しみにしています!そしてまたあたそのも語りあいましょう〜!


約一年の充電期間を経て、あんまり変わらないくだらなさを再発揮したいと思います!
好きなことを堂々と好きというために、このサイトを立ち上げました。
初心貫徹し、全力で走り切りたいと思っておりますのでぜひよろしくお願いします。
あたそのもまたいろいろ語る予定です。
お付き合いいただけたらとてもうれしいです!
24日と本日多量連パチを送ってくださった方々ありがとうございます!
特に24日のお方は何と驚きの18連パチ…!
10パチ制限になっているのにそれを大幅に上回る情熱に驚きつつ感謝申し上げます!
お二人のご期待にお応えできるのかどうなのか!?
萌えの限りに叫び続けてまいりますので今後ともどうぞよろしくお願いします!


さて、それではまず初めの歌からいきます!

山吹(やまぶき)の 立ちよそひたる 山清水(やましみず)
  汲みに行かめど 道の知らなく (高市皇子)

この歌は万葉歌全4516首の中でもかなり人気の高い歌です。
訳は

黄色い山吹が咲き匂っている山の清水、その清水を汲みに行きたいと思うけれど、どう行ってよいのか道がわからない。(訳:伊藤博)

となります。
おや、迷子の歌かな?と思いますよね。
この歌は空色勾玉第三章「稚羽矢」の冒頭のページに出てきます。
この章のあらすじは、

・狭也がいなくなった鳥彦を探していて宮の中を走り回る
・偶然巫女姿の稚羽矢に出会う
・最終的に狭也は稚羽矢と共に宮から脱出する
・鳥彦が烏になって狭也のもとへ戻ってくる


という内容です。
それを踏まえてこの歌を読み返してみると、ほほう、確かにこの章の導入としてはなんとなく合っているような気がしますね。
でも、待ってください。
実はこの歌は単なる迷子の歌ではないのです。

この歌にはとても悲しい想いが込められています。

万葉集のこの歌につけられた左注をそのまま引用してみます。

紀には「七年(つちのえ)(とら)の夏の四月(ひのと)()(つきたち)(みづのと)()に、十市皇女(とをちのひめみこ)、にはかに(やまひ)(おこ)りて宮の(うち)(こう)」といふ。

こういう説明がこの歌についているということはつまり、この歌は十市皇女へ向けた挽歌ということです。

十市皇女は大海人皇子(のちの天武天皇)の長女です。
そしてこの歌を詠んだ高市(たけち)皇子は大海人皇子の長男です。
二人は母親が別々の異母姉弟です。
それだけではありません。

この時代、古代最大の内乱といわれる壬申(じんしん)の乱」が起こっています。

大海人皇子と大友皇子が天皇位を争い、都はたった一月で焼け野原になったといわれる大戦乱でした。
最終的に大友皇子が自害して、大海人皇子が天武天皇として即位するわけですが、この戦乱において、十市皇女は大友皇子の正妃であり、高市皇子は父の軍の総指揮官を務めました。

この歌が詠まれたのは、この戦乱が終わってから6年後です。
その日、十市皇女は父が倉橋河の河上に立てた斎宮へ向かう予定でしたが、当日「にはかに病発りて」亡くなってしまうのです。

突然病になって死ぬという、あまりにも唐突(不自然?)な死は後世さまざまな憶測を呼びます(自殺したとか暗殺されたとか)が、確かなことは何もわかりません。
ただ、壬申の乱後おそらくは父親のもとに身を寄せていたであろう十市皇女は、乱の勝者にして時の最高権力者の娘であるのと同時にその敵方の正妃であったという非常に複雑な立場は、彼女にどれほどの重圧を強いていたかと思うと簡単に文字にすることははばかられる思いです。

歴史から読み取れることはこのくらいなのですが、それを踏まえてあの歌を考えてみてください。

ある日突然に黄泉へ旅立った異母姉へ、その夫を窮地へ追いやった最大の責任者である高市皇子が、その死を悼んで詠んだ歌です。

山吹(やまぶき)の 立ちよそひたる 山清水(やましみず)
  汲みに行かめど 道の知らなく (高市皇子)

黄色い山吹が咲き匂っている山の清水、
その清水を汲みに行きたいと思うけれど、どう行ってよいのか道がわからない。
(訳:伊藤博)

黄色い山吹が咲き匂っている山の清水
分かりますか?
黄色い清水・・・つまり黄泉ですね。
この歌は確かに迷子の歌なんです。
でも、行きたいと願っている場所はどこかの山の清水ではなく、異母姉が逝ってしまった場所なんです。

以上がこの歌の概要です。
次の記事で、少し補足を書きます。

荻原作品と万葉集【前置き】

久しぶりに語り記事を書こうと思います。
でもその前にお返事を。

りえさん

>お大事になさってくださいね! まだまだ冷えますものね。
(さいたまの友より)
(フォウ!)


フォウ!ありがとうございます!
今寝起きしている部屋が家の中で最も寒い部屋な上に、毎日強烈な病原菌を保有している人々とマスクなしの至近距離で会話するという素敵な職場環境なので、たぶんこれで普通なんだろうなあと達観している日々です。
今のうちにいろんな免疫をつけて楽しい老後に備えようと思います!
さて、オギワラーの皆様ならご承知の通り、荻原作品にはたびたび万葉歌が印象的に取り上げられていますよね。
あれ、どういう意味が込められた歌かご存知ですか?
古典が得意な方なら簡単に分かってしまうかもしれませんが、私のような古典も歴史も壊滅状態だった学生時代を送ってしまった方も中にはいるかもしれない!?
そんな方と一緒に、荻原作品に登場する万葉歌を探ってみようという試みです。
近年薄紅天女の創作の必要性から古事記や万葉集に興味を持ってしまった私が、なんとなく分かったつもりになって語りますので、詳しい方はぜひいろいろツッコミをお願いします。
ちなみに万葉歌以外も登場しますが、私には手に余るのでどうか他のお方ぜひお願いします。(お願いばっかりですみません)
今回取り上げるのは、「空色勾玉」と「RDG」に登場する万葉歌です。

山吹(やまぶき)の 立ちよそひたる 山清水
 汲みに行かめど 道の知らなく(高市皇子)

「空色勾玉」第三章 稚羽矢

海ゆかば 水漬(みづ)く屍(かばね) 山ゆかば 草むす屍
 大君
(おほきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ 長閑(のど)には死なじ
「空色勾玉」第四章 乱
※これは出典が「續日本紀」となっていますが、万葉集にも同じような歌があるので取り上げます。

旅人の 宿りせむ野に 霜降らば
 吾
(あ)が子羽ぐぐめ 天(あめ)の鶴群(たづむら)(遣唐使随員の母)
「空色勾玉」第五章 影

天地(あめつち)の 寄り合ひの極(きは)
 玉の緒
(を)の 絶えじと思ふ 妹(いも)があたり見つ(作者不明)
「RDG」1巻 第四章 和宮、他

梓弓(あずさゆみ) 引きみ緩(ゆる)へみ 来ずは来ず
 来ば来其を何ぞ 来ずは来ば其を(作者不明)

「RDG」1巻 第四章 和宮、他

以上五首について私の分かる範囲で書いてみます。
お暇な方はお付き合いいただけましたら幸いです!

九州行く日決定

九州、というか、宮崎旅行の日程が決まりました。
7月19~21日の三日間です。
今から半年後が楽しみすぎる。
でもまずは明日からの富山県旅行を楽しむわけです。
旅行がこんなに楽しいものになるとは、昔は思ってもみませんでした。
薄紅にハマって古代史を勉強するようになって、私の何もかもが大きく変わりました。
こういう世界を知らなかったころもそこそこ楽しく生きていたし後悔はないですが、もう知らなかったころには戻れないと強く感じます。
旅行に行くまでに何かしら更新できたらいいなあと思います。
話なり語りなり何かしら薄紅で。→いろいろ書いていたら空色になりました。(唖然)
ちーさやの短めの話です。

なくしたつばさ

<なくしたつばさ>

夜のしじま。
やさしい闇。
褥の中でじゃれあいながら、その人が言った。

「狭也がわたしを稚羽矢と呼ぶから、わたしはもう夢を見ないのだ。あなたの呼ぶ稚羽矢でいたいのだよ」

例えば鳥になりたいとか、例えば魚になりたいとか、子どもならだれでも一度は夢に見る。
そして、大人になるにつれてだんだんと知っていく。
自分は自分以外の何者でもないのだということを、諦めとともに。
狭也は稚羽矢の夢を奪ってしまったのかもしれない。
稚羽矢がいつか恋の熱から覚める日が来たら、自由に夢を見ることができていた日々を懐かしく思い出すのではないだろうか。
狭也が、自分がまだただの里娘であったころ、気ままにまるで背につばさが生えたみたいに自由に飛び回っていたころを、ときおり懐かしく思い返すように。
だけど、と狭也は思う。
不思議なことに、昔を懐かしく思い返すと、それと同時にたまらなく稚羽矢の腕が恋しくなる。

「狭也がわたしを稚羽矢と呼ぶから」

それなら稚羽矢、あなたも。

「稚羽矢、あたしがあなたを呼んだら、あなたもあたしを狭也と呼んでちょうだい」

狭也の目の前でその人の唇が動く。
その中の、あかくねっとりとした舌が闇を割る。

「狭、也」

なくしたつばさは、もう必要ない。
某お方の拍手小話で稚羽矢が狭也について語る話を読ませていただいた時に私の中に衝撃的に浮かんだ話でした。
今更書いてみました。

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.6 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)