Entry

日曜日の更新を目指します

書く書く詐欺もいい加減にしないといけないなと思ったので、この間からいろいろ言っている「科さや」創作を日曜日に更新しますと、ここに宣言しておきます。
ぼんやり全体像が掴めてきたのでいけると思います。
しかし今回はどう考えても「科さや」ではなく「科→(越えられない壁)さや」になりそうです。
すでにこの時点で詐欺だ私/^o^\フッジサーン
でも全然諦めてない上に「え?諦める必要あるの?」みたいな科さやが読みたいので全力投球で萌え滾りながら書きます。
今とても楽しいです。

お知らせ

時間が掛かりましたが、再UP完了しました。
コチラです。
まだどうかなと思うところもありますが、とりあえず。
感想などお聞かせいただけるととても嬉しいです。


あ、13日の10時台と18時台と21時台(5連パチって…!凄すぎる!)拍手を下さった方ありがとうございました!!!!!!!
なんとか再UPできました。
まだまだ読み込みが浅いところも多いですが、とりあえずこんな薄紅解釈もまた一つの形ということで・・・!
拍手ありがとうございました!!!!!!!

スミマセン・・・!

今日中に再UPとかいっておきながら遅れててすみません・・・!
修正は思った以上に難航しています。
そして今日はついに由志園に行くという予定が・・・!オロチ・・・!
先月からずっと機会をうかがっていたのですが、雪に阻まれたり別の予定が入っていたりでなかなか行けなかったんです。
これから行ってきます!
まだ雪はたくさんあるんですが、今日を逃すと3月まで行けなくなるので、安全運転に気をつけながら突撃します。
そして安全運転でもどったら続きを書きます。
とりあえず、できてるところまで下にさらしておきます。

黒馬と苑上の対話の阿高視点

ずっと自分が何者なのかわからないままここまできた。
探るためにきた。
そのはずだった。
しかし、分かったことといえば、自分はいるだけで大事な人を危険にさらすということだけだった。
化け物になどなりたくないと願っていたのに、結局最後は人として死ぬことができなくなった。
これ以上の孤独が、どこにあるのか。
これ以上の恐怖が、どこに。

(ああ、もう終わるんだ。・・・藤太、おれはいつまでおまえを覚えていられるだろうか)

相棒の名前を心の中で唱えて、阿高は目を閉じた。
まぶたの裏の闇の内、すでに慣れ親しんだ感覚にゆっくりと身をゆだねる。
肌が黒くなり、髪の毛は逆に雪のごとき白に変化していく。
手の指、足の指が中指のみを残して段々と短くなって消え、残った中指は雄々しく太く長くなり、がっしりと地を踏みしめた。
自分の体をゆっくりと人の形から解き放っていく感覚は、不思議なことにそう悪いものではなかった。
もはや人の感情を失ってしまったということか。

(おれには似合いだ)

やがて阿高は顔を上げる。
白目の部分がすべて黒く変色した眼で空を振り仰ぐと、黒馬は一気に跳躍した。
空は暗黒。
地は灰色。
無音。
あたりに誰もいなかったが、阿高には分かっていた。
“彼”に近づいている。
早く、早くいってやらないと。
焦りにも似た思いを抱くと同時に、暗黒の空の中から奇妙な青白い筋のようなものを見つけた。
それは人の腕だった。
いや、人ではない。
人の腕に似たおぞましい何かが、脈を打つような闇の中から不気味に伸ばされていたのだ。
さらによく目を凝らしてみると、その先に小さな人影が見えた。
白い狩衣にみずら結。
気付いた瞬間、阿高は渾身の力で駆けた。
青白い腕がまるで手招くように、皇の少女に向かって伸びていた。
少女は恐ろしさのためか、逃げようともせずただそこで腕を見つめている。

(あいつ!)

稲光とともに阿高は少女と怨霊のあいだに降り立った。
阿高が降り立つと同時に周囲は爆音と真っ白な閃光に包まれた。
阿高はその中にあっても、しっかりと“彼”を見据えていた。
もう何度も繰り返してきた攻防だった。
音と光が収まってくると、先まで唖然としていた少女が弾かれたように阿高に向かって駆けてきてその首に抱きついた。
やはり怖かったのだろう。
怖がりのくせに、結局こんなところまでついてきて。
首筋でかすかに息を吸う気配を感じた。
どんな泣き言をいうのかと待っていると、少女がささやいた。

「お願い、兄上を楽にしてさしあげて。このままではつらすぎる」

阿高は少しだけ目を見張った。
少女は怖がってはいなかった。
ただただ兄が憐れでならないという様子だった。

「そのつもりだ」

答えながら、阿高は奇妙なものを見るような心地で少女を見つめた。
思えば、この少女は出会ったときから変なやつだった。
阿高は少女から視線を外し、先ほど青白い腕が消えていった方角を今一度見上げた。
不気味に脈打つ闇は身をくねらせ、今度こそ阿高を誘っているように見えた。
おそらく、あそこが自分の最期の場所となるのだろう。
そう思うと、ほんの少し足がふるえた。
覚悟したはずなのに。

「おれとあいつは対のものだ。たぶん、お互いを消滅させることでまっとうするんだ」

内心の動揺を押し殺して、阿高は淡々と言った。
これが彼女の救いになるかどうかは分からなかったが、それでも大事な兄を苦しみから解放することだけはできるだろう。

「わたくしをつれていって。わたくしもそこへ行くから」

奇妙に落ち着いた声音が阿高の耳朶を打った。
咄嗟に少女が何を言ったのか分からなかった。
阿高は今一度少女を見つめなおした。

「おまえ、死にに行くつもりでそういっていたのか」
「約束したでしょう。あなたがそう考えていることくらい、知っていたもの」

その声は極めて冷静で、決して捨て鉢で言っていることではないことを示していた。
阿高はまだ自分の聞いた言葉が信じられなかった。
阿高は死ぬ以外に道がないから死ぬのを選んだのだ。
けれどこの少女はそうではない。
すべての者に傅かれ、何不自由なく生きてきたはずだ。

(簡単にいってくれるじゃないか)

阿高は今も死が怖かった。
たった一人で、人ではないものになって死んでいくなど、本当は嫌で嫌で堪らなかった。
寂しくて。
しかし。
たった今初めて、阿高はこの少女の胸中を思いやってみた。
怨霊を恐れて必死にすがってきていた少女が、まさか死を覚悟するほどの思いを抱えていたとは思わなかった。
この目に映っているのは、相変わらず弱そうな娘だ。
誰かの手助けがなくては山歩きもろくにできずに泥だらけで転がるような。
阿高は少し考えてから、できるだけ落ち着いた声で言った。

「これ以上迷子になるなよ、もういいんだ」
「もういいって、どういうこと」

何がこの少女をここまで追い詰めたのか分からないではなかったけれど、それでも死ぬことはないと思えた。

「片をつけるのは、おれとあいつだけでいい」

諭すように、阿高はゆっくりと話した。

「おれたちは同じもの、同じ因縁から生まれたものだ。待たれていたことが、今ならわかる。彼は待っていたのだろう。行ってやることができるのは、おれだけなんだ。おれもあいつも、このとおり人ではないものになりかかっている。これを止められるのは、迎え入れられるのは、お互いの存在だけなんだ」

少女の瞳が大きく見開かれた。

「違う」

叫び声が響いた。

【追記】
11日の16時台と19時台と本日の0時台(有難き3連パチ)に拍手を下さったからありがとうございいます!!!!!
やっぱり更新して拍手が貰えるとものすごくはげまされます!!!
続きも勢いのまま駆け抜けたいと思いますのでお付き合いいただけたら幸いです。
拍手ありがとうございました!!!!!

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.5 >
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)