Entry

ホワイトクリスマスで薄紅天女(追記※更新お知らせ)

今日は各地で雪模様のようです。
薄紅マニアならホワイトクリスマスだ!⇒恋人たちのイベントだ!⇒阿苑だ!というごく自然な流れで妄想しますよね。
私もです。
そんなわけで阿苑妄想会話↓

――――――――――――――――――

「鈴、何をしているんだ」
「阿高」
「そんなところにいては寒いだろう」
「見て阿高、雪よ」
「知ってるよ。見ればわかる」
「武蔵の雪も冷たいのね」
「あたりまえだろう。それともどこかで温い雪でも降ると聞いたのか」
「いいえ。でも・・・」
「なんだ」
「・・・ふふふ」
「なんなんだ、気味の悪・・・うお」
「阿高、寒いわ」
「だから始めから言っているだろう。こんなに冷たくなって」
「阿高は暖かいわ。とてもあたたかい。ねえ阿高、誰かの腕の中でみる雪はとても素敵ね。わたくし武蔵へ来て初めて知ったの。これからきっと何度も思い出すわ、阿高の暖かな腕の中でみた雪景色のことを」
「・・・おおげさだ」
「そうかしら」
「冬は獣も少なくて狩りにいけないからつまらない。おれはあまり好きじゃない」
「・・・・んーんー。あ、阿高、苦しいわ」
「あ」
「ねぇ阿高、もしかして照れているのですか」
「照れてない」
「顔が赤いのは寒いから?」
「・・・・・・・・・・・」
「阿高?」
「・・・・・・・・・・・」
「!!・・・・ッ・・・・」
「・・・・・・おまえも赤い。寒いのか」
「・・・あ、阿高ったら!」
「帰るぞ。ふたりで病を得てもつまらないからな」

――――――――――――――――――

阿高ったら!(目を爛々と輝かせながら)
甘く甘くと念じながら書いたのに肝心の部分をぼかしている腰抜け具合がここのサイトのクオリティーです。スミマセンっ(逃)
ちょっとは純情肉食系の名に応えられる仕上がりになっているといいのですが。
メリークリスマス!



――――――――――――――――――

※更新お知らせ
今日はまだ土曜ですが、諸事情により日曜に時間が取れなさそうな予感がするので1日早めにUPしました。
また、来週も恐らく日曜より少し早めのUPになりそうな予感です。
年末年始はなかなか変則的になってしまいます。
元気に乗り越えて来年も薄紅万歳の年にしたいと思います!

うわーーー!!!

まさかあんなに大々的に日記でご紹介いただけるとは思っても見ませんでした!
さわ様スミマセン、逆にお手数をお掛けしてしまったようで・・・。
しかも私のアホらしい萌え薄紅考察までご覧いただけていたなんて感激と同時に内容の薄さ加減に申し訳なさでいっぱいです!
お詫びにもならないですが、楽しんでいただけたようだったので、あの会話の続きを書いてみます。

阿高が去っていった後の藤太と広梨の会話
――――――――――――――――――
「よう、藤太。うまくいったようだな」
「まぁな。お、見てみろよ広、阿高のやつ早速鈴の方へ向かっているぞ」
「あれは・・・澤樹か?」
「ああ、澤樹にはとりあえず、阿高の目の前で鈴の手でも握ってやれと言ってあるんだ」
「手を握るって、さすがに阿高もそのくらいじゃあ・・・え」
「おい、どうしたことだ。阿高がもどってくるぞ」
「どうしたんだ阿高」
「箒を忘れたからとりにもどってきたんだ。・・・ええと・・・ああこれでいいか」
「お、おい、阿高、それは鍬(くわ)だ」
「このくらいのほうが都合がいい」
「待て、それで何を始末する気だ」
「塵だが」
「・・・塵の名を聞いてもいいか」
「塵に名などないが、昨日までは澤樹と呼んでいた気もする」
「広、澤樹に早く逃げろと伝えてくれ!」
――――――――――――――――――

阿高・・・!?
オチを考えずに書いたらこんなことに!(やり過ぎた!)
ていうか全然役得とかにできませんでした!(手を握るくらい?)
力不足!おおーん(T0T)
澤樹の名前はさわ様から頂いております。(勝手にスミマセン!)
もしご迷惑でなければこれもあわせて差し上げます。(返品受付中)
人様のネタに便乗しまくりでホントすみません!でも凄く楽しかったです!

リンク追加

明日の更新を前に、リンクを大幅に追加させていただきました。
皆様ホントに素敵なサイト様ばかりでもう心臓バクバクです!
全て無断リンクという不審者極まりない一方的な愛ですが(小心者でホントにスミマセンホントにスミマセン)皆様心から応援させていただいております。
皆様に幸あれ!!


折角の薄紅タグなので、また性懲りもなく薄紅ネタ爆発させてみます。
阿苑夫婦について。
無題のコメントでも書いていますが、この二人は結構早くにお互いの距離感とか存在感に馴染んで、二人の関係がとても自然になってくれてたらいいなぁと思っているのですが、やはり最初の最初、もっとも初期の段階では少しはギクシャク(特に阿高が)していたりするのではとも思っています。
阿高も鈴も「恋人」という存在を持つのは人生で初めてなわけですしね!
特に阿高は最後の戦いの時に鈴に「わたくしをいっしょに行かせて。あなたが守るためにおいてきたもののかわりに(文庫P303)」と命まで掛けて言われているので、今度は阿高が鈴がおいてきたもののかわりにならなければならない立場です。
※このあたりも関係して、ここのサイト二人の関係は恋人同士以外の部分でも色々ある予定の設定です※
なので当初の阿高はかなり肩に力が入っていたりするのではという気もしています。
それを鈴がうまくガス抜きしてくれて、お互い凄く自然な距離感になる感じです。(だいぶ妄想)
この辺の話もいつかちょっと書いてみたいです。
…とか書いていたらちょっとだけ思いついたので、さわりの会話部分だけ↓に掲載。ホントにちょっとです。


――――――――――――――――――

「ねぇ阿高。わたくしたちは何も知らないのよ。だから試してみなくてはならないと思うの」
「試す?」
「そう。阿高は武蔵のことについてはわたくしよりもずっとたくさん知っているけれど、女と男のことについてはわたくしと同じくらい知らないわ。そうでしょう?だってわたくしたちは恋をしたのはこれが初めてなんだもの。だからいっしょに試してみるべきなのよ」
「・・・それで逢いびきをするというのか?」
「そう」
「夫婦なのにいまさら逢いびきというのはおかしいと思うが」
「でもわたくしたちは普通の恋人同士がすることを全て飛ばして夫婦になってしまったのよ。出会い方が少しとっぴ過ぎたのだから、順番は少しくらいおかしくても構わないと思うの」
「・・・・・・・・・・・」
「わたくしは逢いびきがしてみたいわ。阿高はいや?わたくしとは逢いびきをしたくない?」
「正直すこし面倒くさい」
「そう・・・それなら仕方ないわ。豊高兄さまにお願いしてわたくしの逢いびきのお相手を・・・」
「待て!なんで豊高兄なんだ!」
「この間言われたのよ。してほしいことがあれば何でも言っていいって。豊高兄さまなら阿高よりも色々とお詳しいかもしれないわ」
「・・・豊高兄は南の国蔵の警備の役目がある。忙しいんだ、わがままを言っては困らせる」
「では・・・」
「おれが行くよ。他のやつらもそれぞれに役目があるんだ」
「本当に!?ありがとう阿高!」

――――――――――――――――――

みたいな!(いや、みたいなって)
こんな感じで鈴にひっぱられながら色々恋人っぽいことをするがいいよ阿高!
知らなくてもいいよ!是非鈴と一緒に色々知っていって欲しいわけだよ!
その段階が大変萌えるんだよ!ハァハァ!(おちつけ)

今回もかなりイタイ内容になってしまいました。
薄紅妄想は楽しいけどイタイね!(自重しろ)

――――――――――――――――――

更新しました。
久しぶりにちゃんとした一話の話です。
無題は気軽に書けるのでついつい増えてしまうのですが、きちんと一話にする話はこれはこれで物凄く思い入れをこめて書けるので、自分の中の色々なものが昇華されていく感じで気持ちいいです。(出来は悪くてもいいのです)
しかし阿高がいきなりのっけから鈴に弱い。
私の中の阿高は何かが大きく間違っている気がしてしょうがない今日この頃。(いまさら)

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.6 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)