Entry

荻原規子「勾玉三部作」評論集を頂きました。

聞いてください。
大変なものを頂いてしまいました。
これです。(※クリックすると大きい画像が表示されます)
ファイル 1182-1.jpg

先日、とある神から賜った品です。
皆さまはこの本の存在をご存知でしたか?
私は知りませんでした。
この本は、荻原先生の出身である早稲田大学の児童文学研究会というサークルさんが発行された本です。
その名のとおり「勾玉三部作」の評論集です。(風神秘抄にも結構しっかり言及されています)
目次は以下のとおり。(※これもクリックすると大きい画像が表示されます)
ファイル 1182-2.jpg

気になりすぎますね!
特に面白いのは人物考察に加えて「恋愛考察」なるものがあるところでしょうか。
阿高と苑上の箇所を抜粋してみます。

ラストに多くの読者は「おおっ」となったのではないだろうか。
大きな障害が待っていることなど意にも介さず、好きになった女の子(しかも皇女さま!)をかっさらっていくとは、阿高もなかなか……あれ?ところで阿高は、いつから苑上のことを好きになったのだろうか。

全薄紅ファンの9割が同じ疑問を持ったのではないかと思われます。
この項では阿高が苑上を好きになったのはどんな経緯なのかを綿密に検証してあります。

二人の関係が展開するのは(中略)、仲成の一太刀により藤太が瀕死の重傷を負ったときである。
激しく動揺して一人泣く阿高。
そんな彼に、苑上は文字通り肩をぴったりつけて寄りそう。
相手をなぐさめるためとはいえ、かなり大胆な行動に出たものだ。
ちなみに阿高は嫌がらない。
彼はそのまま、藤太を失うことに対する不安や、自分の抱えている孤独について苑上に語る。
阿高が弱音をはける相手なんてそうそういないはずなので、これはかなりの進展だ。
同じ頃に生死の境をさまよっていた藤太には、なんだか申し訳ない話なのだが。

藤太も千種と夢の中で逢ってたから気にしなくていいと思います!(キラッ)
この他、最後の決戦のシーンについてや、帰ってきた阿高と苑上の泉のシーンについてなどなど。
興味深い視点の考察が私の心を揺さぶりまくりでした。
できればもっと突っ込んで中身について言及したいことが山盛りなのですが、ネタバレはなはだしいことになるのは火を見るより明らかなわけで、販売妨害になってしまったら申し訳ないのでこのくらいにとどめておきます。
薄紅天女についてだけではなく、空色勾玉や白鳥異伝、そして風神秘抄についても充実した考察が展開されています。
なんて楽しいんだ!
素晴らしき本を送って下さったりえさんに心から感謝申し上げます!!

ありがとうございます

2023新作 氷と炎の物語。12人の勇敢な騎士が伝説の円卓に召喚された、ロジェ・デュブイスーパーコピー時計「ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル」

2023年の新作としてロジェ・デュブイより、アーサー王伝説の「円卓の騎士」にて、王国を護るために12人の勇敢な騎士が伝説の円卓に召喚された「ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル」が登場します。

スーパーコピー 代引き

オリス プロパイロット Xカーミットエ ディションメカニケ・ヴェローチGrandSeiko×AJHH 「信州 時の匠工房」で出会った 人生の節目を飾るグランドセイコー
ROGER DUBUIS | ロジェ・デュブイ
2023新作 氷と炎の物語。12人の勇敢な騎士が伝説の円卓に召喚された、ロジェ・デュブイ「ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル」
ROGER DUBUIS(ロジェ・デュブイ) 2023新作 氷と炎の物語。12人の勇敢な騎士が伝説の円卓に召喚された、ロジェ・デュブイ「ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル」
 2023年の新作としてロジェ・デュブイより、アーサー王伝説の「円卓の騎士」にて、王国を護るために12人の勇敢な騎士が伝説の円卓に召喚された「ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル」が登場します。

 名高い時計製造の探索、進化したメゾンの世界観を余すことなく表現するナイツ オブ ザ ラウンドテーブル(Knights of the Round Table)の最新作が、今、次の冒険への火蓋を切ります。この壮大な旅では、大地に再び亀裂が走り、氷に閉ざされた脅威から王国を護るために12人の勇敢な騎士が伝説の円卓に召喚されます。

 聖剣エクスカリバーを鞘に携え、ハイパーオロロジー™への大胆不敵なロジェ・デュブイの冒険は、まだ終路を見せることはありません。

ROGER DUBUIS(ロジェ・デュブイ) 2023新作 氷と炎の物語。12人の勇敢な騎士が伝説の円卓に召喚された、ロジェ・デュブイ「ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル」
 結束は、大きな力を授けます。それぞれの闘魂が団結することで、最大の難関をも打破し、未来を形作る力が生まれます。ロジェ・デュブイ(ROGER DUBUIS)は、アーサー王伝説の「円卓の騎士」が示唆するこの普遍の教訓を受け継ぎ、メゾンが擁する様々な卓越技術を表現力豊かな作品へと昇華させてきました。

 伝説によると、上座・下座がない円卓は平等の精神を象徴しています。ロジェ・デュブイもまた、この最新作を構想した当初からこの哲学に準じてきました。メゾンのマニュファクチュールの中核は、前衛的なデザイナー、完璧を探究する時計職人、そして揺るぎない信念を抱く芸術職人たちがおのおの武勲を示す円卓となり、またそれぞれが擁する卓越性で、傑出した騎士道伝説の具現化に貢献しました。

 勇気、騎士道精神、忠誠心の全てを捉え、創造性をさらに飛翔させたメゾンの英雄たちは、ついに凍てついた冬風景を舞台に聖杯探求の冒険を絶妙な描写で捉えました。この不滅の伝説からのインスピレーションを具現すべく、タイムピースの細部に至るまで、全てのディティールに驚くべきサヴォワフェールが駆使されています。


クラフトマンシップに捧げる奮闘

 2013年、ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル第1作目の発表以来、ロジェ・デュブイはいかなる難題に直面しても豪勇な騎士の如くコレクションの美学を形作り、そして磨き上げてきました。

 そして今回、冒険の舞台として選ばれたのは紙一重で戦闘が勃発するかのような凍てつく瞬間。マイクロスカルプチャー技巧を駆使した躍動感あふれる個性豊かな12人の騎士たちが、エネルギーを充填している様子を一人ひとりそれぞれ異なる姿勢で仔細に渡り表現されています。

 この生動感あふれる騎士たちの風貌は、精巧かつ緻密な職人技をもってこそ実現します。初期図面の段階から、騎士像それぞれがレジン製模型で完璧なプロポーションで作成され、3Dスキャンの後、18Kピンクゴールドで型取りと鋳造が行われ、ついに高さ6mmの英雄たちが誕生します。

 しかしそれぞれの騎士像に最終的に命を吹き込むのは、超絶した芸術力を備えた熟練職人たちの卓越した手捌きです。この手作業による彫刻作業は、騎士像一体に多くの時間と、極限の忍耐力を要します。極細の剣や甲冑の微妙なニュアンスを表現するには最高峰の技巧を要し、職人たちの一挙手一投足が真剣勝負となります。


氷の守護士

 象徴的な聖杯探索の旅は危険な道中を超え、遥か遠くの荒野まで騎士たちを導き、そしてついに彼らは透き通るような深い湖水の上にある氷結の地にたどり着きます。

 ここでも、騎士たちの足元で亀裂する大地という新たな脅威が、ロジェ・デュブイの比類なき技術力により迫真の緊張感で表現されています。

 ロジェ・デュブイは伝統的なムラーノガラス製法に従って製造された透き通るようなアイスブルーのガラスリングと外縁フランジを枠にして、この局面を見事に捉えました。望む通りの透明感と色彩、そしてタイムピースに魅惑的な躍動感を与えるために、6ヶ月に及ぶ徹底的な研究と試行錯誤が繰り返されました。これは、完璧さと芸術的な装飾の融合を実現するために、あらゆる手段を講じるメゾンの情熱を示す、もう一つの証です。

 ベースとなるメインディスクと、湖から割り出た氷塊にも同様のアイスブルーのガラスを用いています。さらに氷塊には、非常に特殊な製造技法により、その高い品質と外観の堅硬性で定評があるリモージュのビスケット磁器でコーティングし、粉雪のようなきらめきを添えています。最も特筆すべきは、光沢のあるガラス表面とマットな仕上げが生み出す絶妙なコントラストです。

 各氷塊を1片ずつ斬新な構成の3Dパズルに緻密に繋ぎ合わせていくために、ロジェ・デュブイの熟練職人たちの優れた技巧をもってしても、ダイヤルの製作にはさらにもう1段階、複雑な工程を重ねなければなりません。これは騎士像の製作と合わせて完了までに1ヶ月の時間が費やされる野心的な冒険であり、果てしない忍耐力が注がれます。


炎から誕生するメタル

 ロジェ・デュブイの最先端素材へのこだわりは紛うことなき事実であり、ナイツ オブ ザ ラウンドテーブルの最新作にもそのアプローチが存分に反映されています。最良の金属と技術を突き止めるため、またしてもメゾンは既成概念を打ち破ります。

 鋭意努めた研究の結果、45mmのケースに起用されたのは何世紀もの伝統をもつ、鍛冶職人の技巧にオマージュを示したダマスカスチタンです。伝説を捉えたタイムピースに捧げる素材に、これより最適な選択はないでしょう。

 中世の伝説をタイムピースで現代に蘇らせたのは、メゾンが誇る高度な時計製造技術と先端技術に関する深い造詣に他なりません。チタンがタイムピースに与えるラグジュアリーで現代的な趣きを、ダマスカスの独創的な模様がさらに際立てています。鍛冶職人は最初に、2等級と5等級のチタン板金を積層し、その後真っ赤に燃える灼熱の炉で焼き入れします。そして金属が焼けつくほど熱い間、最初の層が1つのブロックに形成されるよう激しく大槌で叩いて鍛造します。

 このブロックを焼き入れしては圧延し、成形する鍛錬作業を繰り返し、切る、折る、加熱するといった作業を重ね、必要とされる層と折り目が形成されるまで幾度も焼き入れ工程を繰り返します。そして最後に、酸洗処理という 最終工程を金属に施します。酸性の溶液に積層金属を浸すと、2等級チタンの層が透けて見え始め、金属ケース全体に優美な波紋模様が浮かび上がります。

 この酸洗技術は、ロジェ・デュブイのような大胆な時計職人だけに許される、特別な創意工夫です。非常に複雑な工程ではありますが、それに値する美しい外観と標準的な基準を遥かに超える優れた耐久性を素材に与え、人生の冒険に挑む果敢な挑戦者には2つとない魅力を湛える作品へと仕上がります。

 タイムピースの本体であるダマスカスチタンケースをポリッシュ仕上げチタン製ベゼルで縁取ったことにより、独特の模様とマット仕上げが目を奪われるような魅惑的なコントラストを生み出しました。

ROGER DUBUIS(ロジェ・デュブイ) 2023新作 氷と炎の物語。12人の勇敢な騎士が伝説の円卓に召喚された、ロジェ・デュブイ「ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル」
中世を現代へと開け放つ窓

 これほどまでに緻密に再現された騎士たちを秘めておくのは冒涜とも言えるでしょう。そのため、ロジェ・デュブイはあらゆる角度から勇者たちを眺められるようベゼルの下に覗き窓を設け、正面、あるいは横から眺めるたび、新しい発見に心を踊らせる楽しみを添えました。

 ケースバックには中世の教会や城のステンドグラスの窓を彷彿させるブルーのローターが姿を現します。傾斜したピラミッドのように固定された形状は、タイムピースのエッジ周りを装う三角形ノッチの形状と呼応し、中央ではスケルトン仕上げのローターが鼓動を打つように回転して魅惑的な動きを展開しています。標準的なローターよりも軽量で小さく、また短めのレバーアームにも関わらず、絶対的な品質は完璧に維持されています。この魅惑的なコンポーネントは、ロジェ・デュブイが携えるスケルトンデザインに関する豊かな先端知識の一角です。過去20年に渡り、メゾンはこの特殊な小型化技術を他を凌ぐ水準にまで発展させ、独特の審美観と完璧な機能が常に連携して機能することを巧みに証明してきました。それは現在のロジェ・デュブイを象徴する基本設計概念であり、常に圧倒的な魅力を解き放っています。


卓越性という武器

 円卓の騎士たちにとって、忠誠心は本質的な観念でした。ロジェ・デュブイも同様に、特にムーブメントの製造において革新性とパフォーマンスという永続的な価値観に忠誠を誓ってきました。この芸術作品のようなタイムピースの心臓部には、メゾンの完全統合マニュファクチュールから生まれた自動巻きモノバランシエ RD821キャリバーが搭載されています。172の部品から構成されるこのキャリバーは、今日の時計製造業界において最高権威をもつ認証、 ジュネーブシールの基準に従い、全てが手作業で仕上げられ最高水準の卓越性を保証しています。

 剣の鍔のようなリューズとそのプロテクターは、アーサーが真の王としての運命を告げるために石から引き抜いた聖剣エクスカリバーの如く、タイムピースの中に剣が突き刺さっているようにデザインされています。

 極上の快適さ、他の追随を許さない独特の色彩、そして大胆な多用途性を兼ね備えたこのタイムピースのストラップには、ダークブルーが選ばれました。さらに瞬時にストラップを交換できるクイックリリースシステムにより、利便性とシーンに合わせてスタイルを変更できる多様性も備わっています。


円卓に「選ばれし」勇者達

 伝説の聖杯と比肩する希少性を有すこのタイムピースを手にすることができるのは、円卓に招かれた初代騎士団と同様、選ばれた28人のみ。比類ないデザインを追求するメゾンのエクスクルーシブなメンバーに捧げる、最高峰のコレクターピースと言えるでしょう。

 このロジェ・デュブイが生み出した傑作は、メゾン全体の力を結集していることを物語っています。始まりから完成まで、超絶的な独創力と卓越技術を飽くことなく追求し、メゾンの全メンバーたちは勇敢な騎士団如くそれぞれが常に限界を押し広げ、唯一無二のハイパーオロロジー™の世界を創造し、護ることを誓ってきました。

 ナイツ オブ ザ ラウンドテーブルのサファイアガラスのケースバックにはそれぞれ、魔法使いマーリンの伝説的な予言からインスピレーションを授かった不朽の誓いがメタル面に刻まれています。

「Around this table, the bravest knights will gather as equals. They will set forth in search of adventure, righting wrongs, protecting the weak and humbling the proud. (この円卓には、いずれも勇猛な剣士たちが平等に集うであろう。 彼らは真実を求める冒険の旅に向かい、不正を正し、弱きを助け、強きをくじくことになる。)」

スーパーコピー 代引き
ロジェ・デュブイ ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル
ROGER DUBUIS Knights of the Round Table
Ref.RDDBEX1058
ケース径:45mm
ケース素材:ダマスカスチタン
ストラップ:ブルーカーフレザー、クイックリリースシステム(QRS)により交換可能、チタンカバーとチタン製トリプルフォールディングバックル
スーパーコピームーブメント:自動巻、Cal.RD821
仕様:時・分表示、チタンオープンケースバックにサファイアクリスタル、ダマスカスチタンベゼルにサファイアクリスタルリング、チタンとブルーのムラノガラスのリューズ、クラスト(地殻)はブルームラノガラスとホワイトポースレン、マグマはブルーラッカー、一人一人異なる騎士たちはピンクゴールド、フランジはグリーンのムラノガラス、ジュネーブシール
限定:世界限定28本、ブティック限定

閑話休題@薄紅天女について

古事記語り中ですが突如としてこんなこともあります。

閑話休題@薄紅天女について

最近薄紅天女について考えている時間が多いです。
あ、最近じゃなくていつものことでした。(知ってる)
最近考えていることは、薄紅天女最大のミステリー「阿高が苑上を武蔵に行こうと誘った時、どうして自信満々だったのか」ということです。
そんなの疑問に思ったこともないよ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな方は読み飛ばしてしまってください。

「だめ。帝の娘でなかったならと思うけれど。でも、わたくしはそうなんだもの」
「知っている。でも、鈴がどう思っているか知りたい」

阿高は声を抑えていたが、ためらいのないものが感じられた。
阿高はとっくに知っているのだと、苑上は思った。


阿高は苑上の本音をどうやって知りえたのか?
何か決め手になるようなものが本文にあったのか?
そもそも、阿高は知っているとは言っていない。
苑上が主観的に阿高はすでに知っていると思っているだけ。
阿高がこのとき思っていたことは、本当は何だったのか?
それを苑上が知る日は来るのか?

と、いうようなことを暇があれば考え、無くても考えているわけです。
これは、かなり楽しいです。
みんなもやったほうがいいよ!と、全世界に向けて叫びたいくらい楽しいです。

以下は私のメモです。

・人ならざる力を持ってしまった阿高はそもそも自分が故郷にいたら迷惑になると思っていたから、怨霊退治をする決意をして陸奥から帰らずに都にやってきた。
・皇女を連れて帰るということは、どう考えても故郷に大変なことをもたらす危険性が高い。
・どうして阿高はためらわず(苑上曰く「大ごととは考えていない」)、苑上を連れ帰ろうとすることができたのか。
・大事な人たちの迷惑を超えて、何かを成し遂げたいと思う気持ちが生まれたということ?
・または、苑上に会いにいく前に、今上帝とすでに密約のようなものを交わしていたとか?(「風神秘抄」の草十郎みたいな脅しなのか?またはもっと平和的な何か?)

このサイトを始めた時、私の立場としては「阿高が知っていた(確信していた)のは、苑上が武蔵行きを断らないだろうということであり、苑上が阿高を好きだということではない」としていました。
そろそろこの部分にも一度メスを入れた方がいいかもしれないと思い始めています。

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.5 >
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)