Entry

色ボケ藤太

色ボケ藤太と阿高の会話。

--------------------------------------
「阿高・・・おれ、悩んでるんだ」
「なんだ。また千種が慣れてくれないとか、千種が笑いかけてくれないとかそういう類か」
「違うぞ!全然別のことだ」
「じゃあなんだ」
「千種がさ・・・」
「やっぱり千種なのか」
「最近おかしいんだ」
「どうおかしいんだ」
「人前でおれを見かけると、ものすごく警戒するようになってしまったんだ」
「前からだろう」
「いや、前は一丈程度距離をとってこっちを伺うくらいだった」
「どう違うのかおれにはよく分からないが」
「とにかく万事そういう調子だから、おれは仕方なくここ暫くは姿を見せないために千種の背後から近づくようにしてたんだ」
「何をしてるんだおまえは」
「けど、最近千種もいろいろ対策を立てるようになってしまって、容易には近づけなくなってきたんだ」
「へぇ」
「ちくしょう、千種はおれに何をさせたいんだ」
「何もさせたくないんだと思うが」
「まぁでも、そうやって頑張っている千種の裏をかいて手に入れた時の快感は格別だけどな」
「おれは時々おまえが全部狙ってやってるように思えるときがある」
「そうでもないぞ」
「ふうん。・・・ま、なんにしろ程ほどにしてくれ。でないとこっちの身がもたない」
「なんだ?そんなに親身に心配してくれてたのか?」
「まさか」
「じゃあなんなんだ」
「・・・鈴が」
「鈴?あぁ、そういえば千種はおれへの対策として背後に鈴を立たせたり、やたらと鈴とべたべたしたり、鈴と無意味に腕を組んだり・・・」
「(イライラ・・・)」
「あぁ、なるほどな」
「それだけじゃないぞ。鈴は最近おまえの行動に影響を受けて無邪気におれに仕掛けてくることもあるんだ」
「え、じゃあおまえ、突然背後から抱きつかれたりとか」
「・・・抱きつかれたというか・・・目隠しだったが」
「目を閉じている間に唇を奪われたりとか」
「・・・唇じゃなくて・・・頬だったが」
「・・・・・・・・・」
「本当に困っているんだ。藤太。はっきり言うが、おまえは教育に良くない。頼むから控えてくれ。鈴がすぐに真似をする」
「・・・・・・・・・」
「おい藤太、聞いているのか?・・・え、おまえなんで泣いているんだ」
「・・・阿高、おれはおまえをここまで羨ましいと思ったことは無いぞ」
「え・・・何を言って・・・ん?噂をすれば。おい藤太、あそこにいるのは千種じゃ・・・」
「ちくしょう!おれも千種に背後から抱きつかれたい!千種に唇を奪われたい!」
「藤太!大声で何を言っているの!」
「あ、千種。今のはおれの心の叫びだよ。届いたかい」
「藤太のばか!いつもいつも・・・は、恥ずかしいことばっかり!もう知らないんだから!近づかないで!」
「そんな!千種!待ってくれ!」
「・・・・・・・・・いっちまった。まったく、どうして藤太は千種のあんな態度で喜べるのか、おれにはさっぱり分からない」

--------------------------------------

阿高もたまには惚気てみる。
そして鈴は恋人同士の行動の極意を藤太を見て無意識に学び取っている。

鈴を探す阿高

鈴が見当たらないので探す阿高

------------------------------------------------

「鈴、鈴、・・・鈴ー」
「阿高、こっちよ」
「鈴、ここにいたのか」
「まだ物干しが終わらないの。川から帰ってきたらクロに飛びつかれてしまって」
「洗い直しに行ったのか。そりゃご苦労だったな」
「洗ったのは美郷姉さまでしたが・・・よし、これで終わり。それで、どうしてわたくしを探していたの?誰かが何かご用事?」
「えっ・・・あぁ、その・・・えぇ・・・と・・・」
「どうしたのですか?」
「・・・悪い、忘れた」
「え」
「大丈夫、きっと大した用事じゃなかったのさ」
「そう?・・・それならよいのですが・・・」
「ああ・・・」
「阿高?」
「え」
「どうしたの?なんだかそわそわしているように見えるわ」
「別になんでもないよ。じゃあ、邪魔をして悪かったな」
「ええ・・・では、またあとで」

------------------------------------------------

仕事から帰っていつもなら一番に迎えてくれるはずの鈴がいなかったので探してしまった阿高(そして特に用事がないのでちょっとばつが悪い阿高)・・・というのがやりたかったのにまったく訳が分からないオチに・・・うががが。
無意識でも意識的でもどっちでもいいんですが、鈴を探す阿高というシチュエーションが微妙に萌えます。

散文的伊勢阿高

ファイルを漁っていたら前にメモとして書いた伊勢阿高っぽい台詞だけの羅列が出てきたので載せてみる試み。
「」でくくられていますが、2行目と3行目のみ藤太の台詞で、あとは全部阿高の台詞になっています。
思いついた台詞を思いついたまま書いているので、同じような台詞が何回も出てきたり、唐突に話が変わったりしていますが、気にしないで下さい(オイ)
全体的に苦悩系阿高(笑)

~~~~~~

「鈴は『忘れない』とおれにいった」
「良かったな、阿高」
「離れていても、鈴の心だけはずっとおまえのものだよ」

「心だけでは、意味がない。藤太、心だけあっても、姿を見ることも出来ず、触れて確かめることも出来なければ」
「おれは、寂しいだけだ」

「鈴はおれを『忘れない』といったよ」
「おれはいつもそこにたどり着く」
「失った人も、辛かったことも、ずっと思い出している。思い出している間ずっとつらい気持ちになる。だけど最後に必ず、鈴が『忘れない』といったところにたどり着くんだ」
「それでおれはやっと救われる」
「おれのやったことは、だた犠牲を出したことだけではなかったんだと、犠牲を出しながらも、人をひとり救うことが出来たんだと思うことが出来た」
「『忘れない』といってもらえてとても嬉しかった」
「だけど、最近おかしいんだ。おれを『忘れない』といった鈴は、今どこで何をしているのか、何を考えているのか、そればかりが気になる」
「鈴は笑っているだろうか。その顔を見ているのは誰だろうか。その声を聞いているのは誰だろうか。おれは二度と見ることの出来ない顔を、聞くことの出来ない声を、あいつの傍でそれらを手に入れているのはいったい誰だ」
「鈴が名を呼ぶのは誰だろう。おれを『忘れない』といったその口で、呼ばうのは誰の名だ」
「それが誰であろうと、少なくともおれじゃない」
「鈴はおれを『忘れない』。おれもきっとそれを忘れない。いつまでも。おれはいつまでもずっと会うことの出来ない鈴を忘れずにいるんだ」
「姿を見ることも出来ない、触れて確かめることも出来ない、そんな人をいつまでもずっと」
「藤太、会えないのが寂しいよ。今、とても寂しい。こんな思いがこれからもずっと続くのかと思うと、おれはとても耐えられそうにない」
「うれしかったんだ、本当に。『忘れない』といわれてうれしかった。なのに今はそれが辛い」
「だけどおれは忘れることが出来ない。鈴に忘れられるのはもっとずっと恐ろしい!」
「鈴に会いたい!『忘れない』といったあいつを思い出しながら生きていくよりも、今あいつがどこで何をしているのか、誰と一緒にいるのか、確かめたくてしょうがない」
「思い出をよすがにするなんて無理だ。それよりも、そばでおれの名を呼んで欲しい」

~~~~~~

阿高にしては考えすぎのような気が・・・。
というかオチを忘れt
今後伊勢阿高を書くときにこの中のどれかの台詞を再利用するかもしれませんししないかもしれません。(結局どっちだ)

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2022.10 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

お返事です!
2022/01/26 12:14
当サイトは11歳になりました
2021/11/22 23:17
お返事です!
2021/06/13 19:34
パソコン周辺整備終わり
2021/06/10 00:23
お返事です!
2021/05/03 20:22

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)