Entry

日向神話こぼれ話~ワニの正体~

本文の中に書いていましたが、長すぎるので別の記事に分けました。

先日から話題になっていたワニの正体について、またいろんな方々の説を載せてみます。

三浦佑之さん
前に、稲羽のシロウサギの神話にも出てきたが、ワニは、フカやサメをいう語
方言としても残るし、鰐淵など「鰐」という字の付く地名や苗字もこのワニに由来するだろう。



山田永さん(ワニの語注より)
海に住む霊獣
ほかに、鰐説、鮫説など。
ワニはほかの神話にも多く登場し、その描写からすると鰐とも鮫とも決めかねる。
神話上(想像上)の動物とすべきか。
原文「和邇(わに)」は「遠呂知(をろち)」と同じ音仮名。

(解説より)
選ばれた「一尋わに」は、泳ぎがはやいから鮫のように思えます。
背中に刀状の背びれが立っている銀鮫だという説も、この話だけから判断すると正しいようにも思えます。
でも、イナバノシロウサギ神話のそれともあわせると、「わに」はやはり神話上の霊獣とすべきかと考えます。



西郷信綱さん
爬虫類のワニではなく、(ふか)や鮫の類だろうといわれる。
「出雲国風土記」にはワニに娘を食い殺された語臣(かたりのおみ)猪麻呂(ゐまろ)の話が出ており、「肥前国風土記」にも次のような話を伝えている。

『この川上に石神あり、名を世田姫といふ。
海の神鰐魚(わに)を謂ふ年(ごと)に、流れに逆ひて潜り上り、この神のところに到るに、海の小魚(さは)に相従ふ。
あるいは人、その魚を畏めば(まが)なく、あるいは人、捕り食へば死ぬることあり。
すべてこの魚等、二三日(とど)まり、還りて海に入る』

と。
「今昔物語」に「鰐ノ、目ハかなまりノ様ニ見成テ、大口ヲ開テ、歯ハ(やいば)ノ如ク」とあるのによって、ワニの姿を知ることができる。


いろいろな説がありますが、大別したら「サメ(フカ)」・「ワニ(爬虫類)」・「神話上の霊獣」ということになりそうですね。
フカは大型のサメのことです。
西日本で広く使われている言葉のようです。
私としてはサメ説が一番親しみがあるのですが、他の説もそれぞれに魅力がありますね。
「サメ(フカ)」の説は、私が読んだ本の中では一番多く支持されていました。
一番の根拠は今でもサメの事を「ワニ」と呼ぶ言葉が残っているから。
次に多い根拠が、現在の海辺の地域に「サメ」に関する多くの伝承や祭祀が残っており、昔から神聖な動物として扱われていた痕跡が見て取れるから。
と、いうことのようです。
ちなみにイルカも神聖な動物として扱う伝承や地域が多いです。
詳しくは谷川健一さんの「神・人間・動物―伝承を生きる世界―」にとても詳しく出ています。
谷川健一さんは民俗学の大家です。
Amazonでは残念ながら品切れですが、少し大きめの図書館なら必ず置いてあると思うので、ご興味をもたれた方は是非ご一読をおススメします!
「ワニ(爬虫類)」の説は、私の読んだ本の中では特に推薦している方はいませんでした。
大抵が、一応説としては存在する、という紹介程度だったので、根拠らしい根拠はご紹介できないのですが、調べてみたところどうやら「比較神話学」の分野が特にこの説をよく取り上げているようです。
スミマセン…比較神話学はまだまともに手をつけていません。
唯一持っている本が「神話と民俗のかたち」なのですが、まだ積読本状態です。
簡単にいえば、日本の神話にはいろんな国々の神話の影響を受けたと思われる箇所がたくさんあるのです。
以前ニニギとコノハナノサクヤ姫の婚姻で、石長姫を娶らなかったために寿命が木ノ花のように儚くなってしまった、という神話を「バナナ型」とご紹介させていただいたことがありました。
こんな風に海外の神話を様々に比較検討するのが「比較神話学」という分野です。
この「ワニ(爬虫類)」も日本よりももっと南方の地域から渡ってきた人たちが受け継いでいた(もしくはもたらした)神話が基になっているため、日本にいない動物がでてきても不思議は無いという根拠のようです。
簡単な説明でスミマセン。今後の課題にさせてください。
最後の「神話上の(海の)霊獣」の説は、山田永さんが主張していらっしゃいますが、山田さんの立場はそもそも「古事記を文学として読み解こう」というものです。
この立場では古事記を利用して歴史を読み解くのではなく、あくまで古事記を一つの作品として読み解くという立場です。
ここでも何度か同じようなことを書きましたが、私の現在目指しているテーマの一つです。
そして、この立場からすると「和邇」の正体は現実に存在する生き物でなくてもいいのです。
無理に現実の生き物に当てはめずに、神話を神話として語る上で最も効果的な解釈を行います。
その結果、「和邇」の正体を「海の霊獣」と読み解くことにしたわけです。
この神話が例えば元は南方から渡ってきたものだったとか、現在サメの事をワニと呼ぶ地域があるだとか、そういった「古事記の範囲を超えた知識」は極力使わず、「古事記から直接分かる範囲の読解」を行った結果の結論といえるでしょう。

いつものように、ここでも特に結論は出しません。
それぞれおもしろいなと思っておきます。

日向神話~山幸彦の綿津見の宮訪問~後編

※書き終えました※拍手コメントへのお返事はこの下の記事にあります。

続きです!

三年経って、やっと綿津見の宮へ来た目的を思い出したホヲリ(山幸彦)さん。
山「そうだ!釣り針を無くして兄さんを怒らせてたんだったよ!三年も経っちゃった・・・もう絶対見つからないよ。どうしよう・・・(泣)」

ここに、火袁理(ほをり)命、その初めの事を思ひて、(おほ)きに(ひと)たび(なげ)きき。
(かれ)豊玉(とよたま)毘売(びめ)命、その(なげ)きを聞きて、その父に(まを)して言ひしく、

()(とせ)住めども、(つね)(なげ)くこと無きに、今夜(こよひ)(おほ)き一つの(なげ)きをしつ。もし何の(ゆゑ)かある」

といひき。
(かれ)、その父の大神、その婿(むこ)を問ひて()ひしく、

「今朝、我が(むすめ)が語るを聞くに、()ひしく『()(とせ)()せども、(つね)(なげ)くこと無きに、今夜(こよひ)(おほ)(なげ)きしつ。』といひき。もし(ゆゑ)ありや。また、ここに到れる(ゆゑ)はいかに」

といひき。
(しか)くして、(ホヲリが)その大神に語ること、つぶさにその()の失せたる()(はた)りし(かたち)のごとし。

最後の一文が少し意味が取りづらいかもしれないので、語注を補っておきます。
つぶさに・・・ありのままに
(はた)りし(かたち)・・・(兄が)責め立てた様子
海神「婿殿よ、なぜそんなに嘆いているのか。娘も心配しておる」
山「実は・・・(かくかくしかじか)・・・というわけなんです。うぅ(泣)」

やっと釣り針のことを思い出したホヲリさん。
海神に事情を説明しています。
海神の台詞に「今朝娘が『この三年間いつも元気だったのに、今夜は大きなため息をしていたのです』ということだったが・・・」とあります。
今朝の娘が今夜の事を言うってどういうことだ?と疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。
実は古代においては、一日は日没から始まると考えられていたようなのです。
なので、現代の感覚で訳せば、ホヲリがため息をついていたのは『昨夜』のことということになります。
ちなみに、嘆き(歎き)の語源は「長(なが)」+「息(いき)」といわれています。
「はぁ」とため息をつくような感覚だと思われます。

さて、婿の嘆きの理由を聞いた海神は・・・。

ここを(もち)て、海の神、(ことごと)く大き小さき(うを)を召し集め、問ひて()ひしく、

「もしこの()を取れる(うを)ありや」

といひき。
(かれ)(もろもろ)(うを)(まを)ししく、

(このごろ)は、鯛、『(のみと)にのぎたちて(魚の骨が刺さって)、物を食ふこと得ず』と(うれ)()へたり。(かれ)、必ずこれを取りつらむ」

とまをしき。
ここに、鯛の(のみと)を探れば()あり。(略)

山「あったあああああああああああ!!!」
なんと探していた釣り針は鯛の喉に引っかかっていたようです。
鯛は三年もものが食べられずに災難でしたね。
それにしてもホヲリは初めての釣りで鯛を釣り上げるところだったのかと思うと、かなりすごいことですね。
ここでも語源の話を一つ。
「喉」は今では「ノド」と発音しますが、これはもともと古代語の「ノミト」が縮まった言葉といわれています。
「ノミト」とは「飲み戸」のことで、戸は入り口を意味するので「飲みこむ入り口」という意味なのだそうです。

では続き。
見つかった釣り針をお兄ちゃんに返したら一件落着だね!という話しかと思ったら・・・

綿(わた)()()大神の(ホヲリに)教へて()はく、

「この()(もち)てその()(たま)はむ時に言はむ(かたち)は、『この()は、おぼ鉤・すす鉤・(まづ)鉤・うる鉤』と云ひて、(しり)()(たま)へ。
(しか)くして、その()(たか)()を作らば、()(みこと)(ひき)()(つく)れ。その兄下田を作らば、汝が命は高田を営れ。
然せば、吾、水を掌るが故に、三年の間、必ずその兄、貧しくあらむ。
もしその(しか)する事を恨みて攻め(たたか)はば、塩盈(しほみち)(のたま)()だして(おぼほ)せよ。もしそれ(うれ)()はば、塩乾珠(しほひのたま)()だして()けよ。
かく悩み苦しびしめよ」

と、()ひて、塩盈珠・塩乾珠を併せて両箇(ふたつ)授けて、

長いので一旦区切りました。
海神は婿のためになにやら怪しげな策を教えています。
海神「婿殿よ、この釣り針を兄に返す時に『この針はぼんやり針・すさんだ針・貧しい針・愚かな針』と言って『背を向けて』お渡しなさい。そして、兄が高いところに田を作ったら、婿殿は低いところに田を作りなさい。兄が低いところに田を作ったら、婿殿は高いところに田を作りなさい。そうすれば私は水を操ることができるので、兄は三年で貧しくなるでしょう」
前半は呪いの言葉です。
言葉の力が今よりも重視されていたこの時代において、しかも神から授かった言葉を使うわけですから、効果は絶大でしょう。
後半は田の作るところの指示をしています。
海神が操るのは海水だけではないのです。
水そのものを操る力があるので、田の作るところを指示して、ホヲリの田に水を優先的に引いてやろうというわけです。
このエピソードは、私が読んだ絵本では「兄が釣り針を返しても意地悪をするようなら」という前提で話していましたが、少なくとも古事記ではそういうことは言っていません。
最初から兄に報復をすることを前提としてホヲリは陸へ帰るのです。
海神は兄の仕打ちがよほど酷いと思ったのか、持てる力を全て使って懲らしめてやろうとしているようです。
さらに海神はホヲリに塩盈(しほみち)(のたま)塩乾珠(しほひのたま)という宝まで与えます。
その名の通り塩の満ち引きを操る珠です。
貧しくさせられた兄がそれを恨んで戦を仕掛けてきたら、これで溺れさせてしまうというわけです。
海幸彦はもともと海の幸を獲って生活していたのだから、溺れてしまうというのは違和感がしますが、始めの釣り針の呪いで泳ぎ方を忘れるほど「愚か」になってしまったということかもしれません。

何はともあれ、兄への報復準備を二重三重に整えました。
来るときはシホツチの神が用意してくれた「隙間なく竹を編んだカゴ」に乗ってやってきましたが、さて帰りはというと・・・。

(すなは)(ことごと)くワニを召し集め、問ひて()ひしく、

「今、(あま)津日(つひ)(たか)御子(みこ)虚空津日(そらつひ)(たか)(うは)つ国に出幸(いでま)さむとす。(たれ)幾日(いくか)に送り奉りて(かへりこと)(まを)さむ」

といひき。
(かれ)(おのおの)(おの)が身の尋長(ひろたけ)(まにま)に、日を限りて(まを)す中に、一尋(ひとひろ)ワニが(まを)ししく、

(やつかれ)は、一日(ひとひ)に送りて即ち(かへ)り来む」

とまをしき。
故爾(かれしか)くして、その一尋(ひとひろ)ワニに(海の神は)()らさく、

(しか)らば、(なむち)、送り奉れ。もし海中(うみなか)を渡らむ時には、(ホヲリが)おそり(かしこま)らしむることなかれ」

とのらして、即ちそのワニの(くび)に乗せて送り出だしき。
(かれ)(ちぎ)りしがごとく、一日(ひとひ)の内に送り奉りき。
そのワニ返らむとせし時に、()ける(ひも)小刀(かたな)を解きて、その頸につけて返しき。
故、その一尋ワニは、今に佐比(さひ)持神(もちのかみ)といふ。

海神「天津神の御子が陸へお帰りになる。おまえたちは何日で送り届けて戻ってこられるか」
(魚たちは身の丈の大きさによって送り届けられる日が違うのだ!)
一尋ワニ「私ならば、一尋(ひとひろ)ですから、一日(ひとひ)で往復できます」
海神「それならばお前がお送りいたせ。だが、(あんまり早く泳ぎすぎて)御子を恐がらせないようにな」

陸と綿津見の宮はどのくらい隔たっているのでしょうか。
来るときは(省略してしまいましたが)、潮の流れに乗って来ました。
それを考えると、帰りは潮の流れに逆らうことになるはずなので、ワニのような力のある魚でなければ送り届けられないのかもしれませんね。

ワニの正体について
長くなりすぎたので、記事を分けました。
この次の記事に書いています。

ホヲリを送り届けたワニはホヲリから紐のついた小刀を頸にかけて貰って佐比(さひ)持神(もちのかみ)という名前の神様になりました。
「サヒ」とは刀のことで、このワニは刀持ちの神様となったのです。
この話も、稲羽のシロウサギ神話やヤマタノヲロチ神話など、神話にありがちな起源譚で締めくくられています。

次は陸に戻って兄弟対決です。

海幸彦と山幸彦への評価いろいろ

先日図書館に行ったときに絵本を見つけました!

左下の「うみひこ やまひこ」が海幸彦と山幸彦の話が載っている本です。
ご存知のお方も多いでしょう。

さて、この記事で何を書こうとしているかということをまず始めに書いておきます。
現在「海幸彦と山幸彦」の記事を書かせて頂いているわけですが、それに対して「絵本で読んで山幸彦(ホヲリ)に同情してましたが、海幸彦(ホデリ)に感情移入する意見が珍しかったです」というコメントを複数いただきましたので、せっかくならそれについてもう少しいろいろ書いてみようかというのが狙いです!

「海幸彦と山幸彦への評価いろいろ」

と題しまして、いろんな学者先生の書かれていることをご紹介しようという企画です。
しかし、これらの学者先生方が書かれているのはあくまでも「古事記の海幸彦と山幸彦」です。
「絵本のうみひことやまひこ」ではありません。(当たり前ですね)
絵本は絵本の読者を想定しています。
それゆえ、古事記での評価を読んで「なーんだ、本当はやまひこは○○だったのか」とか「うみひこって~~~なやつだったんだ」などとは、どうか思わないでください。
絵本は絵本の伝えたいことがあるのです。
絵本では、いじわるをすると罰が当たるのだとか、いろいろあってもお互い許しあって仲良く暮らすのがいいのだということを教えてくれます。
それが絵本「うみひこ やまひこ」の正しい姿です。
確かに古事記に題材をとっていますが、古事記とは違う物語として、「うみひこ やまひこ」を楽しんでほしいと思います。

さて、これだけ書けば十分ですね。
それでは早速海幸彦と山幸彦へのいろいろな学者さんたちの意見を見てみましょう。



<三浦佑之さん>
ここでは、狩猟・漁労のための道具をサチといっているが、山や海で獲った獲物もサチという。
道具と獲物とが一体化しているわけだが、それが道具を使う者とも一体化しているということは、ヤマサチビコ(山幸彦)・ウミサチビコ(海幸彦)という彼らの名前からも知られる(猟夫=サツヲのサツも同じ)。
だからこそ、兄は道具の交換に応じようとはしないのである。
この場面、子ども向けの絵本などでは、意地悪な兄を語るのに欠かせないが、兄の行為は、サチに対する古代的な観念からいえば、それほど不当で意地悪な要求とばかりはいえないのである。
古事記の文脈に収められると、絵本と同じく、兄の要求は不当なもののようにもみえるし、民間伝承における兄と弟との関係からみても、意地悪な兄という印象が払拭できないのは確かだが、別の見方をすれば、身勝手な弟に振り回されるかわいそうな兄の物語というふうにも読める。
(略)
異界での滞在期間を三年と語る例は多い。(略)
それにしても、ホヲリは、兄の釣り針のことをすっかり忘れて三年間も結婚生活をおくるということからいえば、けっこういい加減な男である。





<山田永さん>
「ウミサチ・ヤマサチ」あるいは「海彦・山彦」のお話として有名です。
(略)けれども、もとの古事記の中に戻して読むと、およそ子供向けとはいえないことがわかります。
主人公のホヲリは天つ神だから、王権と結びつく内容なのです。(略)
(略)注意したいのは、兄ホデリの態度です。
とても意地悪なようにみえます。
オホアナムヂと八十神の対立という例もあり、どうも現代人の頭には「意地悪な兄と心やさしい弟」という構図ができあがっているのかもしれません。
けれども、はたしてそうでしょうか?
道具は交換すべきではないというのは正論です(二人とも失敗という結果を見てもそれは明らか)。
もとの自分のサチ(道具)でないとサチ(獲物)は得られないというのもわかりきったことです。
弟をいじめようとしているわけではありません。
「もとの釣り針を返せ」という要求も当然なのです。
これは、三浦佑之氏も力説している(と私には思える)通りです。
(略)
竹取物語のかくや姫は、地球という異界にきて天皇と心を通わせるまでになります。
この時期が最も幸せなのに「三年ばかりありて」、月をながめ大きく「(なげ)く」のです。
浦島太郎のお話はすでに八世紀の丹後国風土記(逸文)にあります。
やはり海という異界を訪れてそこのお姫様と結婚した主人公は、楽しい結婚生活を送っていたはずです。
ところが「三歳(みとせ)ほど」経過すると、悲しみの気持ちが起こり「嗟歎(なげき)」が日々増したとあります。
異界訪問譚は、どんな幸福の絶頂の時でも、三年たったら嘆くというのがパターンだったのでしょう。
すると、ホヲリを「釣り針のことを忘れ三年間ノホホンとしていたいい加減な奴」ときめつけるのはかわいそうな気もしてきます。





<西郷信綱さん>
高天の原から降ってきたホノニニギはヤマツミの娘と婚し、その子ホヲリはワタツミの娘と婚する。
しかもそれが海幸・山幸の話となって展開するのは、なかなか巧な語り口である。
だが、その下地になっている神話的観念を見のがすべきでない。
山の神と海の神とは、国つ神として互いに眷属であったのだ。
(略)大山積神社は山の神(略)だが、同時にそれは漁人のまつる神として聞こえている。
(略)筑前志加海神社(略)は文字どおり海の神だが、そこでいちばん大事とされているのは山の神の祭りである。
これらは、山の神と海の神の親近性を物語るものである。
(略)いうなれば山と海は一続きの大地であり、そしてヤマツミとワタツミはともに水の神として農と漁猟を守護するものであった。(略)
何れにせよ山と海とは単純に対立しない。
山幸彦・海幸彦の話にしても兄弟間の争いである。
この説話から天孫族は狩人、隼人族は漁人であったというような解釈を引き出したりするのは、神話と歴史を短絡させたことになろう。




<森浩一さん>
日本列島各地の海岸に面した遺跡(漁村とか海村といわれる)を発掘すると、貝殻や魚骨などの海の獲物に加え、鹿や猪さらに鳥などの山の獲物の骨が共存していることがよくある。
もっともこれらの鳥獣も、必ずしも山の獲物とは言い切れず、交換でもたらされたり、海岸近くで捕れる場合もあるだろう。
古典には、しばしば鹿が海を泳いで渡る話があるし、海岸に面した遺跡にも石鏃などの狩猟具がのこされていることはむしろ普通といってよい。
だが逆に、山間盆地の遺跡では、ごく少量の交易でもたらされたと推定される海の獲物は別にすると、大部分が山の獲物の骨を残していて、地形を異にする二種類の遺跡を仮に海幸的・山幸的と対比した場合、海幸的な集落のほうが生産手段に多様性があるような印象を受ける。
だから、この神話において、山幸彦のほうが大きな失敗(道具を無くす)をしたということになっているのは、遺跡の示すところと矛盾してはいない。




いかがでしたでしょうか。
それぞれの学者先生の専門は違っていますが、それぞれの立場からとても興味深い話を書いておられると思います。
何度も書きますが、どの説が正しいとか、間違っているとか、そういう判断はここでは行いません。
むしろいろんな説があることを知り、楽しみたいというのが一番の狙いです。
皆様それぞれにご自分のお考えが様々あると思いますが、それしかないと思い込んで他の論を排除してしまうことほど残念でつまらないことは無いと私は思っています。
私自身まだまだ自分の考えに引きずられたり一直線になってしまったりすることが多々ありますので、できるかぎり様々な人たちの意見を聞いて偏りを少しでもなくせるようにしていきたいと願っています。
どんな小さなことや、つまらなそうなことでもかまいませんので、お気づきのことがございましたらお気軽に声をかけてやってください。

さて、それでは次回は綿津見の宮訪問の後編です!
新婚三年目にしてついにホヲリが思い出した!?
山「しまった。すっかり忘れてたけど、おれは兄さんを怒らせてたんだった!」

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.4 >
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
- - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)