Entry

糖分も何も無いけど竹芝の日常in雪

糖分全く無いですが、竹芝の日常in雪が積もりましたよ!でいきたいと思います。

---------------------------------------------------

「雪が積もったわ!すごい!」
「よく積もったもんだな」
「藤太」
「鈴は元気だなぁ」
「わたくし、昔から雪が積もるととても楽しくなるのよ」
「お、実はおれもだ」
「まぁ!」
「鈴、ちび達も呼んで雪遊びをしないか」
「すてき!やりましょう!」
「よし、じゃあちび達を呼んでくるぞ!」


「まったくあいつらはこんな寒い中何をしているんだか」
「本当ね」
「千種か」
「生姜湯を持ってきたのだけど、あちらには必要なさそうね」
「ありがとう。助かった。あいつらは心ゆくまで放っておけばいいさ」
「そうするわ。今はどうせ何を言っても無駄だもの」
「千種も、ほら」
「ありがとう。・・・あぁ、温まるわ」
「・・・あいつらあんなに濡れて。あとで寝込んでも知らないぞ」
「こんなに寒いのに、鈴ちゃんも藤太もどうしてあんなに元気なのかしら」
「藤太は昔からああだったよ。いつも一番に外へ駆け出しては、全身を雪だらけにして帰ってきて目上の者に叱られていた。鈴も、この間から雪が降るたびはしゃいでいたから、きっと好きなんだろう」
「そういえば鈴ちゃんは小さい頃乳母に雪うさぎを作ってもらうのが好きだたって言っていたわ。本当は自分で作りたかったけれど、許してもらえなかったのですって」
「へぇ。・・・それにしてもまったく信じられないな。おれは雪の中より火桶の傍がいい」
「わたしもよ。・・・て、阿高!」
「うお・・・!おいこら藤太、いきなり投げることは無いだろう」
「ははは!おまえたちがふたりでこそこそしてるからさ」
「千種さんも阿高もいっしょに遊びましょう」
「おれはいいよ。朝一の雪かきで十分雪を堪能できた」
「寒いから怖気づいているだけのくせに」
「なに、そんなわけないだろう」
「よし!阿高が参戦するぞ!ちびども、阿高を狙え!」
「おい!まだやるとは・・・っ、やめろ!この!藤太!・・・ちくしょう、目にものみせてやる!」
「千種さん、見て、雪うさぎを作ったのよ」
「まぁかわいいわね」
「あちらにはもっとたくさんあるの。見て!」
「待って鈴ちゃん、今行くわ」

---------------------------------------------------

こんな風に皆で楽しく過ごしてくれてるといいな!
(※生姜湯や雪うさぎは時代考証できてません。この時代には無いかも・・・後日差し替えられていたら、あ、間違えてたんだ・・・と思って下さい。とほほ。ご存知のお方がいらっしゃいましたら是非情報を!)
・・・密かに藤太と鈴、阿高と千種のコンビが仲良さそうなところを書きたかったという野望がちょっとありました。
仲良さそうにみえるでしょうか?

2011年(平成23年)も、薄紅天女で楽しく過ごしたいですね!
よろしくお願いします!

初期の初々しい阿苑夫婦妄想の続き

もう誰も覚えてないと思いますが、これの阿高提案バージョンです。

――――――――――――――――――

「鈴、おれも試してみたいことがある」
「まぁ。何をするの?」
「こっちへ」
「はい」
「ここに座ってくれ」
「・・・え・・・は、はい。・・・あの」
「早く」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
「あの、阿高。これからどうす・・・え!」
「・・・・・・・・」
「!・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・!・・!・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・!・・!・・!!・・・・・!・・」
「・・・・・・・・・・・・」
「!!!!!!」
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・はぁ」
「・・・・・・・・・・・・」
「ふーん、なるほど。・・・あれ、鈴?」
「・・・・・・・・・・・・」
「鈴、鈴?」
「・・・・・・・・・・・・」
「寝てるのか?なんでだ、藤太に聞いていたのと違うな。こういう場合どうすればいいんだ?今度藤太に聞いておこう」

――――――――――――――――――

・・・何の悪ふざけですか兼倉さん。
い、いやあの、何と言っていいのか私にもさっぱり分からないのですが、あれです、現在の阿高は聞いていい事と悪い事の区別はつけられるようになってますから!(キリッ)←弁明すべきはそこではない

――――――――――――――――――

因みに祭り話の続きを更新しました。
無駄に長引いててスミマセン・・・!
次で終わりますので。
それとこの直前までの日記ログも一緒にUPしています。
始めのは更新履歴に残しましたが、再録でしかないものなので、今後は履歴には載せずに、適当に溜まったらログ化していきます。
・・・で、これはログに残さなくてもいいですよね^^;
さすがにどうかと思うような内容なので、この会話文はこのままブログの記事の海に埋もれさせることにします(逃)

雪で薄紅天女・番外編:その後の阿高と鈴

気付かなかったふりが出来なかった!(自重できなかった!)
阿苑が・・・阿苑が萌えるんだ・・・しかたないんだ・・・。
というわけで、雪で薄紅天女その後の阿高と鈴サイド。

----------------------------------------------

「阿高!」
「すっ・・・・ず、おまえ、今日は美郷姉のところへは行かなくていいのか」
「行くわ」
「・・・そうか」
「と、思っていのだけど・・・」
「・・・・・・・・・・・」
「あのね、阿高。今日千種さんは藤太が連れて帰ってしまったのよ」
「あぁ、そういえば藤太が昼にそんなことを言っていた気もするな」
「それでね、藤太と一緒に帰っていく千種さんを見ていたら、なんだかわたくしも阿高が恋しくなってしまったのよ」
「へぇ」
「ねぇ阿高。お願いがあるの」
「なんだ」
「今日からわたくしもまた、ここで休んではだめ?」
「・・・好きにすればいい。ここはおまえの家だし、おれはおまえの夫なんだから」
「ありがとう!嬉しいわ」
「まったくおおげさなやつだ。たった三日で恋しがるなんて」
「・・・ふふふ」
「なんだ」
「阿高のそういうところ、少し千種さんに似ているわ」
「・・・・・・・・・は?」
「素直じゃないの。でも素直じゃないのに、どうしてか、気持ちはとてもよく伝わってくるの。きっと清らかなのだわ、二人とも。わたくしは阿高や千種さんのそんなところがとても好きなのよ」
「・・・ちがう」
「え?」
「おまえはまちがっているよ。千種とおれはちがう」
「阿高?」
「たった三日で忘れたのか。薄情なやつだな。しょうがないから教えなおしてやるよ」
「え、待って、どうしたのですか阿高、阿た・・・あ・・・」

----------------------------------------------

是非教えて頂きたい・・・!(活き活きとメモを準備しながら)
いや、ていうか何故私はこのネタをこんなに引っ張っているのか。
いいかげん読んでくださる方も飽き飽きしていると思いますスミマセン!
しかもオチが全体的にかなり似ていますね!(致命的)
引き出しが無いんです。
勢いしかないんです。
滾る煩悩しかないんです・・・!(激痛)
好きだ阿苑ー!好きだ藤千ー!好きだ薄紅天女ー!

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.6 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)