Entry

額田王と大海人皇子の例の歌(前置き)

お久しぶりの万葉歌語りです。
まずは次の歌をお読みください。

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る
(巻1二〇額田王)

紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我恋ひめやも
(巻1二一大海人皇子)

ご存知のお方も多いでしょう。
現代においてはおそらく万葉歌の中で最も有名な歌といっても過言ではないかもしれない、額田王と大海人皇子の恋歌。
訳はおおむね以下の通りです。

額田王
あかね色に匂う紫の草の生いしげる標野をあちこち行き来なさりながら、あなたは盛んに袖を振っていらっしゃる。まあ、そんなことをなさって、野の番人に見つけられませんか。
(永井路子・著「万葉恋歌」より引用)

大海人皇子
紫の美しい色のように、匂いやかな、あなた・・・もし、あなたのことが憎らしかったら、何もこんなふうに恋い慕いはしませんよ。もう人妻になっているあなたなのに。
(同上より引用)


細かい部分では少々論争があるかもしれない訳なのですが(「あかねさす」を枕詞ではなくそのまま訳していたり、「紫野」を紫草の野ではなく「紫色の花が咲く野」ととっていたり。間違いではありませんが、王道の解釈とは言い切れないところもあります。私はこの解釈好きですが)、今回はスルーします。
とりあえず、歌の大意をご覧ください。
この当時、額田王は天智天皇の妃の一人であり、大海人皇子は彼女の昔の恋人という関係です。
二人も含めて、宮中の大勢で薬狩りという遊興にやってきています。
そんなたくさんの人たちが楽しく過ごしている中で、天皇の妃の一人が昔の恋人からアプローチされていたという、一種の高貴なお方々のスキャンダルともいえる場面です。
実際はおそらく宴の席での戯れの歌だったのだろうというのが現在の定説のようですが、恋人同士だった二人が夜の宴の席で、大勢の人を前にこんな歌を詠み交わし合ったとしたら、それはそれは盛り上がったことでしょう。
実はこの二首は、そのインパクトの大きいシチュエーションも手伝って、万葉歌を紹介する本のほとんどに載っています。
ネタを限定している本でもない限り、一般向けの万葉本にはたいてい載ってるんじゃないかって思います。
・・・載ってない本、無いんじゃない?(言い過ぎか)

そんな歌なので、私としては本を読んでいても「額田王」「あかねさす」と見ただけで、

「ああ、例の歌か。知ってるよ」

だってみんな同じこと書いてるから!(※一般向けのものはどうしても二人の関係や当時の習俗の説明に紙面を割くことになるので、書き手の方の技量とか知識とか個性などのせいでは決してないのですが)
若干食傷気味になっていても致し方ないじゃないか!

そんな私が、この歌にもう一度出会いなおすことになった話を、ぜひ聞いてほしい。
話というか、思いつきというか。

いやあ、長かったですね、この前置き(何だって)
次の記事で結論を書きます。
その記事だけ読んでも分かるように書きたいと思います。
じゃあなんでこの記事書いたのか?
それは私のこの歌への思い入れを書きたかったからです!

それでは次の記事で!

訂正

【訂正開始】

ああああああああああああ!
お返事できていなかったと思いきや、してましたね!(恥!)
見てしまった方は記憶を抹消して下さい。
いやでも失礼なことをしてしまったわけではなくてよかった・・・。
下の方に久しぶりの阿苑SS載せてますのでよければどうぞ。
それでは(そそくさと)

【訂正以上】



拍手のみのお方々も本当にありがとうございます!
もう何も動きが無くなってしまっているというのに、思いの外定期的に拍手を頂けていて、画面の向こうで感激しています。
みなさま何て暖かいのか・・・。
このサイトはみなさまの愛によって継続できています。
本当にありがとうございます!!


下は久しぶりのあたその二次創作SSです。
毎日こんなことばっかり考えてるよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓




「鈴」

縁側に座って夜空を眺めていた少女に阿高は声をかけた。

「こんなところにいたのか」

そういって、阿高は少女の隣に腰を下ろした。
少女は力なく笑って見上げてくる。
阿高はため息をついた。

「疲れただろう。みんなおまえを構いすぎなんだ」

竹芝に帰り着いて早々、見たこともない少女に郷中の者たちの目という目が集中した。
すぐに人だかりができ、問いや感想が雪崩のように彼女を襲った。
阿高は自身にもたかる人々を何とか押しのけて、山のような郷人にもみくちゃにされる少女を奪い返すと、さっさと家族の屋形へ逃げ込んだ。
しかし屋形の中でも家族たちの態度は概ね郷人たちと変わらず、総武に報告したのちは気づけば帰還を祝う宴会の肴となり続けていた。
藤太も、そしておそらくは広梨も、今はそれぞれどこかに逃げ込んで難を逃れているに違いない。
しばらく夜の優しい風をふたりで楽しんだ後、阿高は思い切っていった。

「もう、休んだほうがいい」

阿高を見る少女の目が、一瞬揺らいだ。
どきりとする。
彼女の瑞々しい唇の動きを、阿高はじっと見つめた。

「わたくしは、どこで休めばいいと思う」

すがるような声の、試すようなその問いに、阿高は、ふっと考えるそぶりをして目線を上に転じた後、もう一度少女を見て

「そうだな」

出来るだけ優しく聞こえるように注意していった。

「おれの隣がいいと思う」


スーパーコピー 時計,ロレックススーパーコピー,オメガ スーパーコピー,ウブロ スーパーコピー,パネライ スーパーコピー,シャネル時計スーパーコピー,フランクミュラー スーパーコピー 代引き,IWC スーパーコピー,オーデマピゲ スーパーコピー,カルティエ スーパーコピー,パテックフィリップ スーパーコピー,リシャールミル スーパーコピー,ルイヴィトン スーパーコピー,エルメス スーパーコピー,シャネル スーパーコピー,ディオール スーパーコピー,クロムハーツ スーパーコピー,フレッド スーパーコピー,ゴローズ スーパーコピー,フェンディ スーパーコピー

お久しぶりです

一年以上書き込みをしておりませんでしたら、大変見苦しい状態となっており、申し訳ございませんでした。
すぐに教えて下さったりんこさんには本当に感謝しております。
ありがとうございました!!

なんとパスワードまで勝手に変更されていて、修正に少々手間取ってしまいました。
最近のこの手の業者さんは周到なのですね。
データをすべてバックアップしてあったので、すべて上書きすることで復帰できました。
このブログは自分で設置したものだったので苦労した分こういう時には対応する方法があって助かりましたが、もしレンタルしたブログだったらパスワードが変更されてしまった段階で何も出来なくなっている所でした。
危なかった・・・。

久しぶりの書き込みがこんなご報告で面目ございません。
今後ともひっそりと万葉集や古事記や薄紅天女を愛好し続けてゆく方針ですので今しばしよろしくお願いいたします。
それでは、またいつの日か。

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.6 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)