Entry

西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」を今日から観ます。
やはり古代隼人に夢とロマンを熱くたぎらせている私としては観なければならないでしょう。
実は1月からずっと録画していたのでした!(抜かりなく!)
ちょっと余裕が無い日々が続きすぎてずっと見ていませんでしたが、ついに今日から視聴しますよ!
まだオープニングしか観ていませんが、とてもきれいな映像でため息が出ました。
これ、全部南九州で撮影されたのでしょうか?
きっとそうだと信じます。
なんてきれいなのだろう!海も山も夢のように美しい。
この景色が隼人の人々をはぐくんだのか・・・(恍惚)
言葉もいいですね。
「明治失業忍法帳」の槙さんのおかげで鹿児島弁にも多大な夢を抱いているのでウハウハです。
槙さんがリアルに喋ったらこんな感じかな・・・(悦)
古代隼人の言葉は奈良時代にはすでに通訳がなくては大和とは通じない言語だったらしいのですが、いろんな本で、その当時の言葉が現代の鹿児島弁に残っているとのことなので、その辺りでも妄想を逞しくして楽しみたいと思います。

・・・まだオープニングしか観ていないのに、こんなに盛り上がっていて私ってやつは・・・(呆れ)

天孫降臨についていろいろ調べて語りまくっていた日々がつい昨日のように思い出されます。
日本書紀の隼人についての文章を引用してテンションをさらに高めておきますね!

諸の隼人等、今に至るまで天皇の宮墻(ミカキ)の傍(モト)を離れずして、代(ヨヨ)に吠ゆる狗(イヌ)して奉事(ツカヘマツ)る者なり

カッコいい!どう考えてもカッコいい!

【追記】
12日の拍手を下さった方ありがとうございました!
少しずつ復帰方向で頑張っていきたいと思いますのでまたよろしくお願いします!

お返事です!&帰ってきました

小梅さん

>こんにちは、数年ぶりになるかもしれません。以前、兼倉さんのサイトから古墳に興味を持ち、息子が小学校で古墳の自由研究をやり、教育委員会から賞を頂いたとと報告した事がありました。

私の心の紫式部小梅さん!こんにちは!
お久しぶりです。
小梅さんや、息子さんのことは折りに触れてずっと思い出していました。
私がこのサイトをやっていて心から嬉しかったと思える思い出の中に、小梅さんの「真剣な想いは千年だって残ります。」のお言葉を頂いたことと、息子さんの古墳の自由研究のご報告があります。
再会できてとても嬉しいです!

>その息子も中学三年生です。小学校の頃は古代史を学びたいと言っていた息子ですが、今は理系に進みたいと勉強を頑張っています。

息子さんの続報が聞ける日が来るとは・・・!(感無量)
しかも理系ですか!
奇遇ですね、私も理系人間です(大学までずっと数学を学んでいました)
理系学問は、ハマるとたぶん抜けられません。
楽しすぎるのです。まるで麻薬のようです。
覚悟を持ってお進みください。
ちなみに、現在は古代史へ理系的なアプローチをすることが非常に増えているようです。
遺伝子学や地学的知識などは特に注目です。

>先日ふと兼倉さんを思い出し(万葉の森公園というのが近隣にあって、そこで平安衣装を纏った人を見たのです)兼倉さんお元気かなぁ…と。こちらのサイトが稼働していてすごく嬉しかったです。

何年も経っているのに思い出していただけるとは・・・(ホロリ)
私は元気にやっております!
相変わらず万葉集や古事記にドキドキワクワクしながら生きています!
このサイトは更新できていなかった間も、リアル世界の私の心の支えとなっていました。
楽しいものを楽しいと感じ、いろんな人たちとそれを共有したり話し合ったり出来たことは、余裕や自信を無くしそうな時に自分を取り戻すための大切な宝物だと改めて実感しました。
これからも細々と続けていく予定ですので、またお気が向いたときにでも構ってやってくださいませ!

>年を重ねた分、万葉集の歌の感じ方が変わって来ました。読み手の気分やその時の状況で情景が移ろって見えるのも万葉集の面白いところだと思います。

小梅さんはどんなふうに変わりましたか?
よろしければいつか教えてください!
私も少しずつ思いついたことなど書いていけたらいいな(願望)と思っています。

>兼倉さんの万葉集の考察を読むのが本当に楽しいです。

うわああああ!
ありがとうございます!ありがとうございます!
専門的な教養や訓練の経験など何一つ無い素人の呟きですが、それでもお楽しみいただける万葉集と小梅さんの懐の深さに支えられております。

>なんだかまとまりが無くなってしまいましたが、久しぶりで興奮してテンションが上がっちゃってるんだな、と見逃してください。

十分にまとまっておられました!
私には伝わった!(S県方向よりの電波受信)
むしろテンション上がってもらえたこと自体がもう嬉しすぎる!!
ぜひまたお気軽にお越しください!

コメントと万葉集へのチェックありがとうございました!!
東京から帰ってきました!
縄文展とても良かった・・・!
火焔型土器が一番見たかったのですが、まさかあんなにたくさんあるとは!!知らなかった!
大きいものは圧倒されるし、小さいものは思わず抱きしめたいほど愛しい・・・!
報告した友達と「一人の天才が試行錯誤を重ねた結果なのか」「この地域でこの形が流行したのか」などなど色々想像してとても楽しかったです。
動物土偶も可愛かった!
イノシシの土偶はしっぽが小さくピンとはねてて愛らしさ爆発です。
お近くの方はぜひ!

お返事です!

りんこさん

>歌のオチを知らずにドキドキしながら聞き始めるというのは知らなかった視点でした
>なるほどーと思いました


当時の情景を想像するのが大好きで、この歌に関しては、たまたまハッとしたのでその勢いのままに書いてしまいました。
分かりにくい所などたくさんあったと思いますが、お読みくださって本当にありがとうございます!
ちなみに、初めてこの話をした友達からは
「いや、普通の訳の方がわかりやすい」
と一刀両断でした(笑)

>紫野行き 標野行き
>の主語が「あなた」ではなく、大勢の人が楽しんでいるというのを読んだとき、風景がうわぁっと広がるのを感じました


主語を省略する日本語ならではの大どんでん返しの布石となっていると思っています。
最後まで聞けば、誰が行ったり来たりしていたのかおのずと分かるのですが、初めて聞いていた時は誰も想像していなかったでしょう。
額田王はやっぱり天才だ!
1300年の時を経てりんこさんの中にも風景を広げる彼女の言葉選びの巧みさもすごい!

>たいへん楽しく読ませていただきました

いつも記事を投稿してすぐご反応くださって本当にありがとうございます!
りんこさんのようなお方のおかげでこのサイトは続いています!
心より感謝申し上げます(土下座)
これからも少しずつ生存報告代わりの投稿を続けていけたらと思っておりますので、よろしければ付き合ってやってくださいませ!

コメントと、フォウ!のチェック(笑)ありがとうございました!
5日に一パチ下さった方ありがとうございます!
久しぶりでなかなかテンポと勘を取り戻すのに時間が掛かってしまいましたが、少しでもお楽しみいただけましたら幸いです!

そういえば、今日「ゲド戦記」を四巻まで読み終えました。
残すところ最終五巻と外伝の二冊のみ。
終わりが見えてきて楽しみなような寂しいような。

以下はネタバレ含みますので、これから読む予定の方は読んではいけません。
念のため畳んでおきます。
ゲド戦記簡易感想
一巻(少年ゲド)

カラスノエンドウ(という名前のゲドの親友)のゲドへの友情とオジオンの弟子(ゲド)への親愛の情が本当に素晴らしい!今思い返すとゲドの幼さゆえの無鉄砲ぶりが愛おしくなる

二巻(青年ゲド)

ゲドめ!結局君一目ぼれだったのか!というツッコミを入れてしまった。テナーの聞くゲドの声が大変好意的に書かれていて、侵入者のはずのゲドに最初から惹かれていたのだろうかと思った。最後、敵を倒して終わりじゃなくて、育った環境から出ていくテナーの葛藤の部分がとても丁寧に書かれていてとても良かった

三巻(壮年ゲド。一人称が「わし」に←衝撃)

アレンのゲドへの気持ちの振れ幅がものすごい。あと名言がとても多い。中でもゲドの「人間が探すのは宝物であるべきだ」(他人の粗や自分の敵になる者を探すのではなく)というセリフがとても好き

四巻(初老ゲド。一人称が「わたし」に戻った。テナー再登場に合わせて一人称が若返ったに違いない!ゲドの「わたし」喋り好きなので嬉しい)

まさか原作でこんなにがっつりくっついてくれるとは思わなかったゲドとテナー。てっきり妄想補完しかないものだと思っていろいろ思いを巡らせていたのに!ありがとうございます!ありがとうございます!あとは、ゲドが魔力を失ったことに対する苦悩が描かれているのがとてもリアルで胸が痛かった。結局自分で立ち直ったけれど、その時のセリフが好き。「なぜヤギ飼いのタカが大賢人ゲドのために悲しみ、元気をなくす必要がある?わたしは何か恥しいことをしたか?」(※確かこんな感じ)テルーに関してはいろいろ思うところがあるのだけれど、五巻で活躍するのかな?しかし、テルーとテナーの字面が似すぎてて何回か読み間違えた・・・ぐぬぅ


外伝はゲドが出てこないらしいから、ゲドに会えるのは後一冊・・・ちょっとさみしい気持ちになりながら読み進めていきます。

Page

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2024.4 >
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
- - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)