Entry

日向神話~天孫降臨~(その一)

ぼけっとしている間に旅行まで10日を切ってしまいました!
果たして間に合うのか!?
万が一間に合わなかったら帰ってから続きをやると思います。
でも頑張って10日で全部語り終えてから向かいたいです!


それでは、日向神話冒頭の天孫降臨です!

(しか)くして、天照大御神・高木神の(みこと)(もち)て、太子(みこ) 正勝(まさかつ)()勝々速(かつかちはや)()(あめの)(おし)()耳命(みみのみこと) に(のりたま)ひしく、

「今、(タケミカヅチが)葦原中国を(たいら)(をは)りぬと(まを)す。(かれ)(こと)()(たま)ひし(まにま)に、(葦原中国へ)(くだ)()して()らせ」

とのりたまひき。

アマテラス「さあオシホミミ、あなたが心配していた葦原中国の野蛮な国津神はタケミカヅチが片を付けてくれたわ。さっそく天降って葦原中国を統治しなさい」

大変長い名前の神様が出てきましたね。
マサカツ アカツ カチ ハヤヒアメの オシホミミのミコト という区切り方で読むと読みやすいです。
通常略して「オシホミミ」と呼んでいます。
実はこの神様は、以前ここで語った「スサノヲとアマテラス」の「誓約(ウケヒ)」の場面でアマテラスの勾玉をスサノヲが噛み砕いて吐き出したときに生まれた神様の中の一柱です。
あの神話がこんなところに繋がっていたのかと思うとちょっとびっくりしますね。
ちなみにいきなり出てきた高木神は説明すると長くなるので省きます。
「なんか凄く偉い神様」とだけ思っておいてください。

さてこのオシホミミ。
アマテラスの子どもでありながら、前回の前置き(国譲り神話)の時は大国主たちを恐れて天降りを拒否した神様でした。
やっと大国主たちを黙らせることができたので、アマテラスはこれで安心して葦原中国に行きなさいと言っています。
それに対してオシホミミはというと・・・

爾くして、その太子正勝吾勝々速日天忍穂耳命の(こた)(まを)ししく、

(やつかれ)が降らむとして装束(よそ)へる間に、子、生れ出でぬ。名は (あめ)邇岐志(にぎし)(くに)邇岐志(にぎし)(あま)津日(つひ)(たか)日子番能邇々芸(ひこほのににぎ) 、この子を降すべし」

とまをしき。

オシホミミ「聞いてくれ母さん。決して行きたくないわけじゃないんだけど、準備をしているうちに子どもが生まれちゃってさ。ニニギっていうんだけど、こいつを行かせたほうがいいと思うんだよね☆」

私訳がかなり私の思い込み補正されていてスミマセン。
でも思いませんか、絶対おまえ行きたくないんだろう?と。
生まれたばかり(たぶん)の息子を天降らせてまで頑なに自分が行くことを拒否しているように見えてなりません。
私のまったくの思い込みですが!

さて、このニニギも大変名前が長いですね。
アメニギシ クニニギシ アマツヒタカヒコ ホノニニギのミコト と区切ると読みやすいです。
通常は略して「ニニギ」と呼びます。
このニニギには実は兄がいます。
(あめの)()(あかり)命」といいます。
本筋にはかかわりがないので本文は省略しますが、尾張氏や海部氏などの東海地方に勢力を持っていた集団の祖神として紹介されていることが多いです。
東海を語るときにまた触れたいと思います。
ヤマトタケル命ファンか白鳥異伝ファンの方のほうが詳しいかもしれませんね。

話を進めます。
オシホミミが息子を天降らせたほうがいいと母アマテラスに進言しました。
アマテラスはまだ赤子の孫に宣言します。

ここを以て、(まを)しし(まにま)に、日子番能邇々芸(ひこほのににぎ)命に(おほ)せて(のりたま)ひしく、

「この豊葦原水穂国(とよあしはらのみずほのくに)は、(なむち)が知らさむ国ぞと言依(ことよ)し賜ふ。(かれ)(みこと)(まにま)に天降るべし」

とのりたまひき。

アマテラス「豊かで瑞々しい葦原中国はおまえが統治するべき国よ。さあニニギ、天降りなさい」

そんなわけで、オシホミミではなく赤子のニニギが天降ることになってしまいました!
ちなみにニニギの名前の意味は西宮一民さんが
「天にも親しく地にも親しい、天上界の神聖な男子で、日の御子である、稲穂の豊穣」
と説明しています。
まさに豊葦原水穂国を統治するのにうってつけの名前ですね。

ではここで。
私は通常古事記を読むときは書かれている物語の中にどっぷり浸かりながら読んでいます。
書かれている風景の中で神様たちが喋ったり暴れたりしている光景を想像しています。
なのでここで語る内容も、そんな気持ちで書いています。
ただ、今だけ少し目線を上げてみてください。
古事記に書かれている物語はすべて太安万侶さんの筆から作り上げられたものです。(稗田阿礼などとともに当時の伝承を参考にしていると思いますが)
それでは、この安万侶さんはなぜ、子のオシホミミではなく孫のニニギが降臨する話を書き残したのでしょうか?
二つの面白そうな説があります。
明日はそれを語ろうと思います。
よろしければお付き合いください!



あ!6日の18時台と本日の0時台(嬉しい2連パチ!)に拍手を下さった方ありがとうございます!!!
改装お疲れ様拍手でしょうか?
嬉しいです!
少しでも軽くて見やすいページ作りを心がけています。
ご要望などございましたらぜひお気軽にお知らせくださいね。
拍手ありがとうございました!!!

スーパーコピー 代引き

スーパーコピー時計 代引き

スーパーコピー時計 代金引換

ロレックススーパーコピー 代引き

ウブロスーパーコピー 代引き

ロレックス コピー

リシャールミル コピー

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2012.3 >
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
- - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)