Entry

お返事です・その98

萩野さま

萩野さまようこそおおお!!!
[生姜入り紅茶+スコーン]ひえー!いつもおいしいお土産ありがとうございます!!
生姜入りとはまさに冷え性の私には大変ありがたいご配慮です!
細かいところにまで気がつく萩野さまにますます惚れてしまいます!
いつかリアルに寿製菓のお菓子をもって上がりたいです!(迷惑)
というわけで今回はこれをどうぞ!つ[因幡の白ウサギ(まんじゅう)]<ウサギ型のかわいいお饅頭です。鳥取県のお土産としては県外では一番喜ばれます。

>原作では書かれていないだけに阿高の心の動きが読めることに、にまにm…感動しながら拝読しています!

節操無くいろいろ書きたいことばっかり書いています(苦笑)
前に進んでいくよりも、少し離れた位置から同じスタートラインとゴールからのいろんな道筋を探っていくのが好きな性格です。
こういう性格だときっと一生長編は書けないでしょうね・・・。
自分の中でも特に伊勢阿高はどれほど試行錯誤を重ねても「コレ」というものが見つかりません。
優柔不断な自分がたまに嫌になるときもあるのですが、ここでは割り切ってそれも楽しんでしまおうと思って書いています。
どれかひとつでも何か感じ取っていただけるものが書けるよう、これからもがんばります!

>「愛し」は以前日記で言及していらしたものでしたよね(?)…古語には一言で詳しい意味を表わすものがあって面白いですよね!

そうなんです!!
古典を読んでいくと、その魅力は始めのうちは「今に通じる感性を1000年以上も前のものに感じる」ということに感動するわけですが、だんだんその時代が好きになっていくにつれて、その時代独特の感性にも愛着が湧いてきます。
勉強が全然出来てなくて、よく間違ってしまったり、他の方の作品を読んで感動と同時に打ちのめされてしまったりするわけですが、それでも好きな気持ちがなくならない限りへたくそなりに気持ちの発露を続けていきたいです。
萩野さまはとても好意的に受け取ってくださってますが、私としてはやっぱりまだまだ理想とはほど遠いという自覚はあるんです。(いうまでもないかもしれませんが)
二次創作ながら、歴史を取り扱う分野というのは本当に奥が深くてやりきるということがないですね。
やるべきこと、学ぶべきことがたくさんあるのが大変さよりもワクワク感が勝っているうちはやれるところまでやってみたいと思います。

>日本霊異記に興味を持ってくださっていたのですね!←鼻息荒くてすみません
>子供のころの愛読書の中の一冊でした。


!!!
は、萩野さま・・・実は凄いお方なのですか?
子どものころから古事記や日本霊異記を愛読していらっしゃるとは・・・!
しかも万葉集がお好きとか!
身近に本好きの友達はたくさんいますが、未だかつて萩野さまのような方には出会ったことがありません。
確実に私よりもたくさんの知識をお持ちだと思います。
私が持っている日本霊異記の関連書籍は実は同人作家さんが紹介的に書かれたもので、一般の書籍を手にするのは今回が初めてです。
>「鬼に食われた女の話」早速読んでみました!
( ゚д゚)・・・・!!!?
こ、これ・・・子どもが読んだらトラウマものでは・・・。
仏教説話は聞いた人の行動を戒めるのも目的のひとつだったでしょうから、登場人物が悲惨な目にあっているのはある程度納得いくのですが、それにしても翌朝寝所に娘の「」と「指一本」だけが残されていたという最後はかなりゾッとしました。
「オイシイ話には裏がある」という、薄紅天女のあとがきでも荻原先生が触れておられた「姫君」が「悲惨な最期」をむかえる話の一例に当てはまりそうです。(先生は平安時代の書物を例に挙げておられましたが)
奈良時代貴族のPTAは娘にこの話を聞かせて、「あまり高望みするな、適当なところで手を打て」、と言っていたのかもしれませんね。
なんだか当時の世相の一端が見えてくるようで(勝手な妄想)、とてもワクワクしながら読んでいます。(まだあまり読めてませんが^^;)
もう少し読み込めたらぜひ萩野さまと日本霊異記の話題でも語り合いたいです!よろしくお願いします!

私のほうこそ返信が毎回まとまりなく長々と無駄話ばかりでスミマセン・・・。
萩野さまのコメントは頂くたびに同じ趣味の人と語り合えているようで本当に嬉しくなってしまいます。
身近に語り合える人がいないので余計にここでの語りが力が入りすぎて暑苦しいテンションになっております。申し訳ございません。
そろそろ自重を学ばなければと思いつつ、たぶん早々には難しいと思いますので、半分諦めの気持ちで付き合っていただけたら至上の幸いにて!(ホント面倒くさい奴でスミマセン!)
またお時間があるときにでもお気軽にかまってやっていただけると嬉しいです!
萩野さまのまたのお越しを心よりお待ちしております!
Rieさま
Rieさまあああああ!!!あのストラップのかわいさを分かってくださいますか!(感涙)
誰一人として褒めてくれず、一緒に行った友達ですら私がレジに持っていくのを見て「え、それ買うの?」と物凄い素で否定的なコメントをしてきたんですよ!
酷いもんです!
あれはホント素敵なストラップですよね!
まがたまかわいいです!
しかも御統になってるし!
オギワラー的萌えが一番でしたが、やっぱり古事記神話好きにも萌え滾る品だと思います!
アマテラスだけイザナキからのエコ贔屓(違)でもらった八尺瓊勾玉!!
Rieさまも淡路島に行かれた際はぜひ手にとってみてください。
確実にそのままレジに直行したくなります。(経験談)
コメントありがとうございました!

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2011.10 >
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

お返事です!
2022/01/26 12:14
当サイトは11歳になりました
2021/11/22 23:17
お返事です!
2021/06/13 19:34
パソコン周辺整備終わり
2021/06/10 00:23
お返事です!
2021/05/03 20:22

コメント一覧

未承認
2022/11/24 22:16 未承認
未承認
2022/11/24 02:48 未承認
Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)