Entry

お返事です・その239&たくさんありがとうございます!

たまねぎ好きだー!
青ねぎも好きだけど、たまねぎも好きだー!
たまねぎは素晴らしいですね!
きざむだけで味噌汁やお吸い物の具・サラダ・ドレッシングを掛けてチンしたらお手軽温野菜!
ホントに素晴らしい!私はたまねぎが大好きだ!
しかし。
たった一つだけ、気をつけなければならないことがあります。

それは、きざんだ後の手で目をこすってはいけないということです。

い、痛タタタタタタタタ!!!!!(やっちまった!)
ホントに真面目に痛いです。
この世の終わりかと思うレベルで痛いです。
リアルに床を転がりまくりでした。
皆様、お気をつけください。(こんな間抜けは私だけかもしれませんが)

琴さま

ようこそお越しくださいました琴さま!!
お待ちしておりました!!11フォウ!連パチ(新用語)ありがとうございます!!!(たぶんこの用語は琴さまにしか使う機会は無いと思われますが)
これをどうぞ・・・つ[麦茶]<梅雨入りしてからただでさえ湿度の高い山陰の夏がさらにムシムシしてきました・・・ううう

>海幸彦と山幸彦のお話が始まりましたね!!
>私が今まで読んだことのあるお話だと、山幸彦の方に肩入れしているものほとんどだったので、海幸彦側に寄った意見が聞けてとても面白かったです。


始まりました!!イエイ!!
日向神話の中では一番有名なお話ですね!力が入ります!
しかし、実は私は海幸山幸の話は古事記にハマるまで知らなかったんですよ。
一般的には山幸彦に同情的なのですね。
確かに、私が海幸彦に同情的になってしまうのは三人きょうだいの一番上だからかもしれません(苦笑)
たぶん一般的に海幸彦がいじわるだと描写される箇所は「自分の道具を貸し渋った」ところと「無くした釣り針を戻せと強引に迫った」ところでしょうね。
三度乞へども、許さず」とか強ちに乞ひ徴りき」とか、その意地の悪さを強調する言葉が繰り返し出てくるところからも、相当イメージが悪くなってしまいますね。
ただ、道具を交換すべきでないというのは正論なんです。(実際結果は二人とも失敗している)
もとの自分のサチ(道具)でないとサチ(獲物)は得られないというのをおそらく海幸彦はわかっていたのではないかという気がします。
なので、決して弟をいじめようとしているわけではないのです。(by山田永さん)
とはいえ、オホナムチ(大国主)に対する八十神の例や、先日のコノハナノサクヤ姫に対するイハナガ姫の例もあるように、古事記はやはり兄(姉)よりも弟(妹)のほうが善い者・力を受け継ぐ者として描かれる傾向があるのも事実ですので、古事記的にはやはり海幸彦はいじわるな兄として描きたかったのだろうと思います。
でもそんな可哀相(?)な兄・海幸彦にもちょっとくらいは同情してもいいんじゃないかなと思ってもらえたら私としては今回の語りは成功といえます(笑)
どちらかに肩入れすることなく、できる限り公平に見ていきたいです。(もちろん海幸彦だけでなく山幸彦にも公平に)

>今度、姉に海幸彦と山幸彦のどちらに同情するのか聞いてみたいと思います!(脱線)
>続きが楽しみです!!


おおおお!!!
脱線ではありません!!
凄く嬉しいです!
ぜひ、お姉さまのご意見も教えてください!
いろいろな方のご意見やご感想を知りたいです。
古事記は読む人によって様々な見方ができるとても面白い書物だと思っています!

>バトンも読ませていただきました!!
>兼倉さまの熱い思いがひしひしと伝わって参りました!!


伝わりましたか、この熱い思いがッ!
嬉しいです!!
オギワラーとしての思いはきっとハマってから時間がたっている人よりも、ハマりたてのひとの方がより熱々なところもあると思います!(自分がそうだったので)
好きになるのに時間は関係ありません!(少女マンガ的決め台詞☆キラーン)
琴さまの熱き思いもいつかお伺いできたら嬉しいです!

>「空色勾玉」で狭也が池で泳ぐシーンは私も大好きです!!!!!!!
>頭の中に勝手に映像が浮かんできました。


あのシーンは本当に印象的ですよね!!!
今もふとしたときに頭の中に浮かんでくることがあります。
物語の核となる重要な場面かといわれるとそうではありませんが、骨格にどれほど美しい肉がコーティングできるかが物語の価値の一つではないかと思っています。
印象的で美しいシーンは三部作中空色勾玉が一番だと思っています。

>え!?「夜のお菓子」って大人な意味じゃなかったのですか!?
>私もずっと誤解していました!!
>官能推進派としては、大人な意味の方がたまらなく魅力的なのですが・・・。
>なんだか「真夜中の誘惑」的な感じで、ぞくぞくしていました(本当にすみません)
>汚れ上等です!!(開き直り)


琴さま・・・!(感涙)
何という力強いお言葉でしょか。
そうですよね!みんなやっぱりそう思いますよね!
官能推進派!素晴らしい派閥です!
荻原界の官能を是非推進していきましょう!
私も及ばずながらお力になりたいと思います!
あと、「真夜中の誘惑」を検索してみましたら、これは官能サスペンス小説だったのですね!
ちょっと興味が湧きました。(ェ)

コメントありがとうございました!!
琴さまのまたのお越しを心よりお待ちしております!!
パイRさま
ようこそお越しくださいましたパイRさま!!
・・・パイR!?
2πr!?(にぱいあーる・・・半径rとしたときの円周の長さ)
πr²!?(ぱいあーるにじょう・・・半径rとしたときの円の面積)
円についてだけで記事が10個以上書けるほど円には熱い思いを抱いていますが、明らかにサイトの趣旨に適さないため涙を飲んで自重します。
少しは空気を読めるようになった大人の判断です。
あ、よけいなことばかりスミマセン、これをどうぞ・・・つ[麦茶]<梅雨入りしてから唯でさえ蒸し暑い山陰はもはやカビが生えそうな勢いです・・・うう

>うなぎパイに隠された事実に仰天しました。てっきり、精をつけるためのお菓子かと思っていましたが、誤解だったようです。まぎらわしいと思いました。~夜のおかし~というのはとこしえに変わらないでいてほしいです。そして、色々な人を「ニヤ」とさせてくれるといいと思います。
>たぶん、多くの人は「ニヤ」としていると思います。


Rieさまも誤解していらっしゃいましたか!
地元の方もそうなら、かなり多くの方が誤解していそうですね。
むしろ本当の意味を知っている人はどれくらいいるのか。
・・・娘さんはその意味と思っていらっしゃると思いますが。(ズキッ)
私もずっと変わらないでいてほしいと思います。
昔「ニヤ」とした人たちや、今も「ニヤ」としている人たちや、これから「ニヤ」とする人たちのためにも!(千と千尋の○隠し)

>そして、バトン拝見しました。
>レッドクリフキターーー!!


レッドクリフ面白かったですよね!
中国らしい大胆で大掛かりな演出に衝撃を受けました!(いい意味で)
あと、周瑜が剣舞を舞うシーンも役者さんの切れが素晴らしくて何度も思い返してはニヤニヤしていたものです。
三国志は実は周瑜が死ぬあたりまでしか読んだことがありませんが、オタク的嗜み(笑)によって、ある程度のあらすじは知ってしまっています。
いつかちゃんと三国志演義も正史も読んでみたいです。

>創作系は本当に一生楽しめる趣味だと思います。
>ネットですぐに同好の士をみつけることができるのもすばらしいですよね。あらためて兼倉さまのオギワラーとしての思いに触れられて、読んでいてとても楽しかったです。


自分が考えたことを文章にして吐き出すことの快感からはそう簡単には離れられそうにありません。
それにやはりネットは本当に偉大ですね。
同好の士の有無は妄想活動にとても大きな影響を与えてくれます。
今後とも末永くよろしくお願いします!!

>本来の役割を終えた後、モノがどのように人々の生活に関わってくるか、とても興味があります。
>未来の人たちが、私たちの身の回りの品をまったくべつの用途で使ったり、鑑賞したりしていたらと思うと、楽しいです。


本来の役割を終えたもの、本来の役割が忘れられたもの、役割そのものが変質したもの、歴史を振り返ってみると日本はそういうものに溢れていますね。(海外もそうですが)
古事記もそういうものの一つかもしれません。
博物館に飾ってある青銅器や土器、鉄器や木器、書物、その他様々なものは、作られた当時・使われていた当時は少なくとも飾って多くの人に観賞されるためのものではなかったでしょう。
それでも、今はそういう役割を通して歴史好き・地元好きの人の心にロマンを掻き立ててくれたり、子どもたちの興味関心を喚起してくれたりするという素晴らしい役割を担って、今日も静かに佇んでいることを思うと、自然とワクワクしてきます。
いつの日かパソコンや携帯電話やタブレットの類があそこに並ぶようになるのでしょうか。
そうやって未来にいるであろう我々の同好の士の心を楽しませてくれることを祈りたいものです。

コメントありがとうございました!!
パイRさまのまたのお越しを心よりお待ちしております!!


こんにちわ、勾玉三部作が大好きで~さま
ようこそお越しくださいました!!
どうぞごゆっくり・・・つ[麦茶]<夏といえば麦茶という安直な選択です!でもやっぱり夏は麦茶!

>こんにちわ、勾玉三部作が大好きで前からこっそりと覗かせていただいております。藤千ファンとしてはたまらないサイト様ですv

藤千ファン!!!!
藤千ファンのお方ですと!!!!
おおおおおおお!!!!!!
お会いできてとても嬉しいです!!!!
阿苑ファンと比べてとても少ない藤千ファンの貴重なお一人ですね!
とてもありがたいお言葉を頂き恐縮です。
藤千ファンの一人として、地道に創作活動を通して藤千の魅力を開拓・宣伝していきたい所存です。
どうぞよろしくお願いします!

>大丈夫です、夜のお菓子については皆一度は勘違いしているはずです!

力の入った語尾に、とても心強く感じました!
そうですよね!やっぱり皆勘違いしますよね!
私だけじゃなくてよかったです!
今後も薄紅界のヨゴレ担当としてひっそり頑張ります!

コメントありがとうございました!!
またのお越しを心よりお待ちしております!!


拍手を下さった方々ありがとうございます!!
単パチ、2連パチ、10連パチ、11連パチ!とてもたくさんいただきました!
皆様きっとバトンの記事への拍手ですよね?
オギワラーの方々の熱い思いが伝わってくるようです!
私も一オギワラーとして今後もできる限り長く愛を叫んでいきたいと思います!!(煩すぎない程度に・・・)
拍手ありがとうございました!!!

Utility

簡易メニュー

薄紅語り
(過去の日記の薄紅天女の妄想語り一覧)
古代史語り
(過去の日記の古事記とか万葉集とか他)
Web拍手
(お気軽に頂けると嬉しいです)
拍手は別窓、語りは同窓で開きます。

日記内検索

カレンダー

< 2012.6 >
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
- - - - - - -

コメント一覧

Re:当サイトは11歳になりました
2021/12/09 20:35 兼倉(管理人)
Re:当サイトは11歳になりました
2021/11/27 12:01 りえ
Re:お返事です!
2021/05/09 13:07 兼倉(管理人)
Re:お返事です!
2021/05/03 11:50 mikayasi
Re:お返事です!
2021/05/03 11:19 兼倉(管理人)